カテゴリ:総統の映画裁判所( 33 )

あ、ばたー!あっっ!バター!!アバアアァァァター!!!

\`δ´/
「やぁ、諸君。元気かな?
私は寒いがゆえにあまり元気がない。。。
アバターを観た帰りも雪にあった!
電車は止まるし…
そうだったな…ボルマン。私は雪が嫌いだった…

というわけで…いまさらながらアバター(3D)を観たぞ!
実は観たのは先週ぐらいなのであるが、
なにぶん忙しかった…というかめんどくさかったので
更新しなかったわけである!
同志ゲッペルスと共にはるばる南大沢のキレイな映画館に足を運んだ!
こんなドキドキしながら映画館を訪れるのは…
インデペンデンス・デイを観に行ったとき以来だ!

では、
アバターの感想のほうだが…!!!

あえて言おう!
カスであると!!!


…というのは冗談で。。。
凄かった!
何が?
3Dが!
なぜ?
飛び出すから!
凄い!
なぜ?
映画から飛び出した人影を、
前の席の人が立ったのかと勘違いしたほど!
凄い!
何が??
タンポポのワタが目の前を舞っている!
つかめそうだ!
凄い!!



という感じだ!
CGは凄い!!

こういう映画は映像が凄いが、中身はスカスカだったりするが、
中身はそこそこあったぞ!
キャメロンはやはりターミネーターとエイリアン2が面白いな。。。
アビスやタイタニックは微妙。。。タイタニックは沈むところだけ少し面白いけど。。。
ってか、
アビスの時もCGで注目を集めて、ターミネーター2もCGが話題になった。
前者はつまらないが、後者は面白かった。。。。
なんか卑怯くさく思えるのだ…ジェームズ・キャメロン…
毎回CGで注目を集めて…
これって、キャメロンが凄いんじゃなくて、
CGを作ったクリエイターが凄いんだよね???

監督が違ったとしても、
こんだけ凄いCGだと、別にキャメロンじゃなくても
スピルバーグでも、
バーホーベンでも、
エメリッヒでも、
マイケル・ベイでも、変わらないのでは!?

CGは凄い!
幻想的な景色はキレイ!
世界観もイイ!
内容は…そこそこ…
ちなみに私的には
ハンマー型の頭のサイが、
あの木だらけの土地にあわせて進化した感じがしてGoodデザインだった!
木をなぎ倒すためにあのような頭の形に進化した!
Good!
あと、
地球軍の飛行機のデザインがエイリアン2の
スラコ号の着陸艇みたいでカッコよかった!
つまり、CGクリエイターに拍手な映画だった!
CGクリエイターに拍手だ!!
この映画、
映画館で見ごたえはあったが、
…DVDは買わなくてもいいだろう。。。
総統官邸の小さいTVでは迫力がない。。。
そしてTVから飛び出さないとこの映画は感動がない。。。。
DVDは飛び出すメガネ付きのスペシャル・エディションが出たら買うかもねぎ。。。

というわけで、
同志ならびに党員諸君も、あとで借りて見ようとは思わず、
面倒でも映画館で観なさい!後悔はしないだろうから!!
ってか、絵を描く人間は観ておきなさい!

あっ!!
今思うとアバターの惑星、
ラッセンの絵画にそっくりだ!!

まぁ、それはさておき
まだ…やってると思うから!
観に行きなさい!3Dバージョンを!!
この映画は映画館で見ないと価値はない!!



…おっと!
今日はこれから同志と共に吉祥寺に出かけるので
これで失礼するよ。。。
さらばだ!
同志並びに党員諸君!」
[PR]
by hiyokemusi | 2010-02-07 09:42 | 総統の映画裁判所 | Comments(0)

総統閣下、2009年映画決算!

\`δ´/
「やぁ、諸君!元気にしているかね?
私は北部戦線に戻り、おしいものを食べ、酒池肉林の宴会を楽しんでおるよ。
最古参の同志達との会合…
実にすばらしいものだ。。
今年も終わりに近づき、今年一年を振り返るが、
実に楽しく、そして充実した年であった!
歌って食べて恋をすれば、人生は素晴らしいものとなる。
この座右の銘をはたした年だった。
来年はさらなる前進をし、久しぶりに公募に応募でもしてみるとしよう。



さて、早速今年観た映画の評価にうつろう!
今年は凶作の年であった。
映画館で観た映画は去年の半分以下。
そして去年のように、かなりグッとくる映画がない年でもあった。
結果は以下のとおりである。

■ 2009年鑑賞傑作映画  ■

 1位 レスラー
 2位 ウォッチメン
 3位 フィースト2
 4位 フィースト3
 5位 食人大統領アミン


■ 2009年期待はずれ映画 ■

 1位 レック2
 2位 トランスフォーマーリベンジ
 3位 2012
 4位 イングロリアルバスターズ
 5位 ウルトラ銀河伝説


■ 2009年鑑賞良作アニメ ■

 1位 ターンエーガンダム
 2位 東のエデン
 3位 天体戦士サンレッド
 4位 ドルアーガの塔
 5位 ラストエクザイル



という感じだ。
面白い映画の少ない年であったが
今年もまた、素晴らしい作品に出会うことができた!
特に1位のレスラーは私を泣かせるほどの感動的な作品であった。
ウォッチメンも面白いのだが…
私はやはり原作の方が好きだ。
だが、あの素晴らしいオープニングが観られただけで満足だ。
フィースト2、3も素晴らしい映画だった!
先が予想できない馬鹿怪獣映画!すばらしい!
そして期待はずれの作品の方、
レック2、なんだかわざとくさい撮影で、さらに悪魔がしゃべり始めたことで、
一気に安っぽい映画になってしまった。
トランスフォーマーも、1のようなうまいまとまり感がなかった。
2012もすごい映像ではあるが、面白みにかける映画であった。
イングロリアルバスターズもイマイチだった。



結論から言うと、去年が豊作すぎた。
1か月に一本は見る映画があったぐらいだが、
今年は凶作であったため、映画館に見に行く映画がほとんどないという事態だ。
ともあれ、去年のように神の降臨映画を三本も見れるような年はめずらしい。
来年は観たい映画がたくさんある!
今年は凶作だったが、来年は豊作の予感。。
今から楽しみな映画ばかり!



おっと!
もうこんな時間か!
同志達との会合のあとなので、けっこうクタクタである。。
というわけでこのへんで失礼するよ。
今年も残りわずかだが、諸君も有意義にすごすといい!
さらばだ!
同志ならびに党員諸君!」
[PR]
by hiyokemusi | 2009-12-29 01:34 | 総統の映画裁判所 | Comments(4)

史上最悪!交響詩篇エウレカセブン_ポケットが虹でいっぱい

\`δ´/
「…
今夜は更新するつもりではなかったのだが…
エウレカセブンの映画を観て、怒り沸騰!
このあまりにも面白くないエウレカの映画の感想を書かずにはいられなかった!

つまり…このアニメ、ひどすぎる!
たいていの場合、アニメだと、ある程度は楽しめるはずなのだが、
この映画、
「交響詩篇エウレカセブン_ポケットが虹でいっぱい」ともなると話は別だ。。。。
ポケットが虹でいっぱいかもしれないが、
私の心は不満と怒りがいっぱいになった。

私はかつて、
押井守のナンセンス(イノセンス)を観にいき、死にかけたことがあったが、
今回のエウレカも、それに負けず劣らずの最悪な作品だ!
そしてこれの映画は観ていると
シナリオの恥ずかしさと、素人くささにがっかりさせられる。
中学生が風情ある物語を書こうとして失敗した…みたいな?
例えば、
「俺が参加した計画は失敗したが、私たちがこれから行う作戦は必ず成功する!」
…俺?私たち?
俺と自称する人間が、私たちなんて言葉使うか?俺たちならわかるが…
といった感じで、眠くなる上、このような素敵なセリフがたくさん出てくる!
他に印象に残ったのは、
「こんなもの!軍から受けた実験に比べれば、どうってことないわ!!!」
…説明くさいセリフですね~
私に聞いてほしいんですか?ど、どんな実験受けたの??って…
と、まぁ
この作品、こういうシナリオの駄目さに加え、
TV盤エウレカのストーリーが全く関係ない、
つまり登場キャラだけが同じで、設定も全て変えられている多元宇宙アニメだった!
劇場に観にいったファンは後悔したことだろう…
何せ、エウレカとレントンは出るのに、全く別のアニメなのだ。
c0097317_0133464.jpg

「これが奴の手だ。エウレカのキャラの別アニメを作り、
それを見せることで我々に絶対的絶望を与えようとしている!」
c0097317_09142.jpg

「アンソロジーコミックは認識された時存在する。
劇場に足を運ぶというのは、自らアンソロジーコミックにハマるということなのだよ。」
c0097317_011241.jpg

「だ、だまされた!」
c0097317_1313141.jpg

「観に行かなくてよかったな!」
「ホントだ!ハハハッッ!」




と、こんな感じだろう。
レントンやエウレカと一緒に冒険してきた私を裏切るような映画であった!!
この映画の前には存在など骨董も同じ。
賢くあろうが、愚かしくあるも同じ。
レントンと冒険してきた日々は無駄であった。。。チーン
大体、こんな企画が通ること自体、間違っている!!
普通なら、こういうエピソードもありました~的な映画にするだろうが!

登場キャラが同じなのに、
設定も何もかも変えられてる全く別な作品なんて観た事ないぞ!!
同じこと、ルパン三世でやってみろよ!?バカ!

反政府軍のMSパイロットのルパン、飛行機の天才操縦士ジゲン、
政府軍将軍ゴエモン、赤軍の革命の戦士フジコ、
預言者であり魔術で人を洗脳するゼニガタ…
こんなルパン絶対ヤダね。。。
というか、
私のレントンとの冒険の日々を返せ!!!!!





このエウレカ、映画館に足を運んだ人がかわいそうだ。
エウレカのおっぱい観れたからいい…と、自分に言い聞かせるしかない!
さて!
この映画がどれだけひどいのか…
デートでこの映画を観に行った、
あるカップルの出来事を紹介しよう!」
c0097317_0253022.jpg

「エウレカ!一緒にポケットが虹でいっぱいを観に行こう!」
c0097317_0264151.jpg

「レントーン!!!」
c0097317_0271734.jpg

「面白くねええぇぇぇぇー!!」
c0097317_028139.jpg

「はぁはぁ…」
あまりのつまらなさに一度、トイレに行くレントン。
c0097317_0294127.jpg

「これ、ひどいアニメだね。」
「…うん。早く終わらないかな…」

c0097317_0302956.jpg

「あの…静かにしてくれませんか?」
映画を観に来た客に注意されるレントンとエウレカ。
c0097317_032882.jpg

「あー!ほんとにつまらない映画だな~…」
退屈しのぎに、何気なくまわりを見渡すレントン。

c0097317_0335492.jpg

「ZZZZZZ…… 」
c0097317_0342660.jpg

「ぐーぐー……」
c0097317_035978.jpg

「スースー…スヤスヤ…」
c0097317_0355068.jpg

「うわあああ…!
エウレカ、寝ちゃってるし…!!誘った俺の立場が…」

c0097317_0371596.jpg

「あの…お願いだから静かにしてくれません???」
またまた客に注意されるレントン。
c0097317_03877.jpg

「ごめんね。エウレカ。こんなつまらない映画に誘っちゃって…」
「…いいよ。映画が面白くないのは、レントンのせいじゃないから…」

c0097317_040879.jpg

「…今日はもう帰ろう…」
c0097317_0405341.jpg

気まずい雰囲気な二人…
映画館を出ると外は晴れていたが、
レントンとエウレカの心は沈んでいた…






\`δ´/
「という感じだ。
これでどれだけ面白くない映画なのか、よくわかったろう!
この映画はまともに観ていても、作品の理解に苦しむ!
なぜ普通にエウレカの映画を作らなかったのだろうか…
まずはそこをハッキリさせてほしい!!
もうひとつのレントンとエウレカの物語はいいから、
いつもの、俺の知ってるレントンとエウレカの映画作ってくれ!

ってか、この作品作った監督は、
青酸カリ飲んで、自決して責任取れ!

物語はひどいの一言に尽きるが、
ひどいだけあって、結末も凄い!
観ればわかるが、
連載を打ち切られたジャンプの漫画的な終わり方!
敵のホランド兄貴があっさり改心して戦い終わって…な感じ。
脚本書いた人、本当に義務教育うけたのかね?
バカデミー脚本賞を青酸カリのカプセルと共に、私が監督に送ろう!



という感じだ!
さて!
ではこの映画を観た後の後遺症に苦しむ人の姿と共に
今夜はお別れだ!
さらばだ!
同志ならびに党員諸君!」







                  ■ KOT症候群 ■

これは”交響詩篇エウレカセブン_ポケットが虹でいっぱい”の後遺症の典型的な例である。
この映画を観る人は、覚悟を決めてほしい。このような後遺症が諸君に現れないとも限らない。


c0097317_0581929.jpg
■ 症例1 自殺 ■
レントンに助けられる資格なんて…ないもん!
と、被害妄想なことをいい、飛び降りてしまう。












c0097317_105358.jpg
■ 症例2 謎のシミ ■
緑色のグミみたいなシミが体中に広がる。














c0097317_121928.jpg
■ 症例3 辞表 ■
この映画を観て、会社に突然辞表を出した。
患者はこの後、戦艦に乗って冒険に出てしまう。












c0097317_142970.jpg
■ 症例4 レイプ ■
この映画を観て吹っ切れたオタクが、女を襲う。













c0097317_162692.jpg
■ 症例5 あうれか ■
「あうあう」としか話せなくなった。
言語障害の一種で、かなり病状が悪化している様子。












c0097317_181668.jpg
■ 症例6 うなされる ■
この映画を観た後、一生、寝るたびにこの映画の悪夢にうなされることになる。












c0097317_110162.jpg
■ 症例7 14歳 ■
この映画を観たおじさんが、自分は14歳だと言い張る。
何とか言語能力は回復したが、完治するにはまだまだ時間がかかる。













■以上がこの映画の後遺症である。■
 このような症状が現れた場合、
 TV版エウレカを最初から最後まで見て、リハビリを行うのが良い。

[PR]
by hiyokemusi | 2009-11-16 01:14 | 総統の映画裁判所 | Comments(8)

総統閣下、ウォッチメンの吹き替え版に感動!

c0097317_0151784.jpg






\`δ´/
「と、まぁ、こんな感じで書いたが、
ウォッチメンのDVDを買って吹き替え版で見てみたが、
最高の出来だった!

この前観た、WANTEDの吹き替え版は
最悪の最悪、棒読み芸能人?か誰か。
しかもその棒読み野郎がやってる役は、何と主人公!
…死んじまえ!!

と、思う最悪の吹き替えであった。
そういえば、
ハムナプトラ3の息子の声と似ていたような…
演技の知らないやつ(芸能人とか)に、声優をやらせるな!
やはり、本業の人にやってもらわないと!
シンプソンズの映画も
普段やっている声優ではなく、所ジョージだの、和田アキコだの、
芸能人の学芸会だ!幸いDVDにはいつもの声優の吹き替えと劇場公開版の二つが付属!
わざわざいつもの声優の吹き替え版がついているのは、
劇場版の吹き替えは人気がなかったからであろう。



おっと!話が少し脱線したが、
ウォッチメンの吹き替えにうつろう!
結論から言うと、ウォッチメンは吹き替えでミロ!!
とくにロールシャッハは、私がこの人にやってもらいたいなぁ…と、妄想していた
山路和弘!

あのガラガラ声が、ロールシャッハの声にピッタリだ!
そして意外な才能を見せたのは、
Drマンハッタンの声をやった藤原啓治!

正直、DVDのパッケージの裏を見た時は、「だ、大丈夫か…?」と、心配したが、
実際に見てみると、すごく違和感なく、自然な感じに観れた!
こんな演技も出来るのかと、感動!
バットマンダークナイトのジョーカーの時といい、
藤原啓治はキヨウだ!



オジマンディアスの声は
最近落ち目の飛田展男。
だが、昔カミーユの声をやっていただけあり、演技はすばらしい!
最近、星のカァービーのアニメのハニワの声とかやっていて、落ち込んでいたが、
ここで復活である!!



他にも、コメディアンや、ナイトオウルもよかった!
けど、贅沢をいうと、ナイトオウルは田中秀幸にやってもらいたかったが…
とにかく!
吹き替えは素晴らしい!
映画館で観た人も、もう一度、吹き替えでもう一度観てみるといい!
吹き替えが最高なので、二倍楽しい!
改めて観て感じるのは、
ウォッチメン、みんな顔が似ている俳優が選ばれているが…
オジマンディアスは少し若すぎでは…と、思った。


ザックスナイダー監督、コミックの実写がうまい!というか、忠実だ!
300も、コミックの場面を忠実に再現している!
ウォッチメンも然り!!だ。
日本の漫画やアニメを実写化している輩よ!
少しは見習え!!
映画のMWを作ったクズ監督は、青酸カリ飲んで自殺しろ!責任取れ!!
原作に全然忠実に作らないどころか、話も設定も全部変えおって!
私の大好きな作品を汚すな!!
銭ゲバの監督も死ね!!
自分の容姿にトラウマを持っているフータローの役を松山ケンイチなんかにやらせるな!
ちゃんとブサイクの俳優使え!!
ちゃんと話に忠実に撮れ!!!

…おっと!また脱線してしまった!
とにかく、ウォッチメン最高!!
同志ならびに党員諸君も、吹き替え版でもう一度観るのだ!

これは実戦だ!
くりかえす!これは訓練ではない!!!」








\`δ´/
「ウォッチメンの最高にカッコイイオープニング!
映画館で観たとき、あまりのかっこよさに鳥肌がたった!それを引き立てたのは、背景でかかる音楽、
ボブディランの"時代は変わる"だ!
あの長いコミックをうまくまとめたオープニング。
ザック監督、ドーンオブザデッドの時といい、
カッコイイオープニング作る!

エキサイトブログにニコニコを貼れるようになったので、
早速、試してみたぞ!
では!
今日はこれにて、
おさらばにございまする!」
[PR]
by hiyokemusi | 2009-09-18 23:47 | 総統の映画裁判所 | Comments(0)

グレンラガン、紅蓮編観たゼ!

c0097317_20594153.jpg

\`δ´/
「やぁ、諸君!
そう、この絵からも解るように、
劇場版グレンラガン紅蓮編を観たぞ!
ついにDVDが出たのだ!
まず率直な感想として、
TV盤を全話制覇した者にとって観る価値はあるだろう!
ただ、TV盤があまりにみごとにまとまっているがゆえに
少々不満な部分はある。

だが、まぁあのアニメをまとめるならこんな感じになるんだろう!
嬉しい部分も結構あり、新しい場面がけっこう追加されているので、
観てみる価値がある!
あと、シナリオが映画専用に改良されているので、
そこのあたりがけっこう楽しめる!
たとえば、原版でほとんど活躍しなかった
シトマンドラのシュザックが少しだけ活躍する!
見所の部分を抜粋しておこう!

■ロージェノムの回想場面■
まずオープニング。正直言ってこの場面はこの劇場版で
必見の価値ありな場面。かなりいい感じのオリジナル場面。。

■ならば…見せてやるぞ!シュザックの底力を!■
シュザックの底力がここで初めて発揮(?)されている!
しかし…結局底力のデモニッションって技…どんな技だったのだろう…

■アディーネ対ヨーコ■
アディーネがガンメンから降りて戦う場面。
豪華な白兵戦闘シーンが追加されていた。

■ドテンカイザン■
四天王のガンメンが合体した姿。。
他にも、ダイガンカイの陸上戦闘場面などが追加されている。。



という感じだ!
だがグレンラガンを観たことのないトモダチのために、
一つだけ言っておくと、
この劇場版からグレンラガンに入るべきではない!
多分、TV盤を観ていない人が観ても、よくわからんだろうし、
やはりTVの出来がすごいからTVから観るべきだ!

キャラ同士の出会い、別れなど色々あるし。
だからTV盤を観てからこっちを観ないとダメだと思う。。

だが、今回の劇場版は
新しい場面がけっこう多く存在しており、
TV盤を観た人間へのリスペクトは守られているだろう。。。。
まぁ、TVを観た人間が後で、うんうんと楽しむ話だ。

…おっと!もうこんな時間か!
では!そろそろ失礼しよう!
次の螺旋編ではいったいどのような追加場面と
話をどんなふうにまとめるのか、楽しみだ。。
私的にはTV盤後半の方が話はまとめやすそうだと感じるところだが。
次の螺旋編を観に行くとしよう!」
c0097317_2151932.jpg

「…ならば…この螺旋編…必ず観ろよ…」


c0097317_21523937.jpg

「当然だ…!螺旋編はエウレカ劇場版ほど愚かじゃない…」
[PR]
by hiyokemusi | 2009-04-28 21:56 | 総統の映画裁判所 | Comments(2)

ちぇっ!28歳の革命を観たゼ

\`δ´/
「やぁ、諸君!元気にしていたかね?
私は元気だ。
昨日は同志、西村御大と共に、
チェ・28歳の革命を見てきたぞ!
…いやぁ~すばらしい映画だったよ~
本当に感動する名作だったぞ~
寝るほどな。。
夜勤明けだったから、本当にキツい映画だった!
実は前半、あまりに面白くなくて、寝てしまった…
そして途中の銃撃戦の場面の
銃の音で目を覚ました!
こんなクズ映画、押井守のイノセンス…じゃなくて、ナンセンス以来だ!
諸君も
チェ・28歳の革命を観た後には
映画館を後にしながら、
ちぇっ!観なきゃ良かった!
ということ間違いなし!!
ちぇっ!
こんなことなら、始めから西村氏と共に
模型店などに行けばよかった!

続きはチェ・~手紙という映画だが、
こんな映画、一本にまとめた方がいいだろ!と、二人で話しをした。
ちぇっ!最近の映画は二本に分けるのが流行っているんだな!
ちぇっ!
ちぇっ!
大体、映画の中身も何もない映画だ!
チェの革命家としての苦悩、本人の悩みとかが、まるで描かれていない!仲間とチェの友情もまるでない!
言うなればこの映画、人間関係といったドラマがまったくないのだ!
ただ、革命について語るチェと、森の中を歩く映像、迫力なしの銃撃戦が続くだけ。
ドラマがないので、人が死ぬ場面も緊迫感ゼロ。
ちぇっ!何だよ!?ドラマのない映画なんて映画でも何でもない!
正直言って、
普段見てるボッタクリCG怪獣映画の方が10倍面白いぞ!
ちぇっ!
こんなクソみたいな映画に金を払った自分が情けないよ…
となりにいたおばちゃん、前の席に座ってた人も頭が傾いていた…
恐らく寝ていたのだろう…
諸君も観に行かないほうがいい。
金払って眠りたいという人間だけ観に行けばいい!
そうでもなければ、こんな映画、スクリーンで観る価値はない!
もし観に行ったら、
多分、諸君らも映画を観終わった時に言うだろう!
ちぇっ!観なきゃ良かった!
この映画を観ていて唯一面白かったのは、
二つ隣の席のおっさんが、
全くよくわからない場面ででかい声で笑って、
周りの人から軽蔑されたことぐらいか。


映画館で映画を観ると、ヘンな場面で数名の客が笑い、
ここ笑う場面かよ?と疑問に思う時がけっこうある。
人間の笑いのセンスは違う。
世間で流行っているギャグ漫画のギンタマは全然私にとっては笑えない。、
最近のお笑いは全然笑えないどころか、見ていてムカつく。
笑いのセンスとツボは何とも不思議なものだ。


そういえば、
手塚治のMWの映画のコマーシャルもやっていたな…
原作がかなり面白い漫画なだけに、
この映画の実写化は私にとっては許されざる暴挙である!
大体、ホモシーンのないMWなんて…MWじゃない!
少年をロリる場面のないMWなんて…MWじゃない!
女をオモチャのようにもてあまさない結城なんて…MWじゃない!

神父さんと結城のホモ関係は、ただの親友とか臭い関係になるんだろう…
あらゆるタブーを組み込んであるMWを
こんなふうに原作を捻じ曲げて作るのにはウンザリだ!
それは銭ゲバも同じだが…
私の好きな作品がこんな風にいじられるのには正直ムカつく!
憎むべき輩だ!
直ちに死刑にしてやる!!


というわけで…
諸君、観に行こうとしている場合は参考にしてくれ!
ちぇっ!もうこんな時間!
では同志ならびに党員諸君!さらばだ!
ちぇっ!」
[PR]
by hiyokemusi | 2009-02-08 23:46 | 総統の映画裁判所 | Comments(0)

スパルタアァァァーー!!!!

\`δ´/
「今日は帰り、同志達と共に
300(スリーハンドレッド)を観に行った!!!
最高の映画だ!!!
私は恐らく今年の映画の一位に、この映画を選出するであろう!!!
久しぶりに、観た後死んでもいいと思えるような映画に出会った!!
このような衝撃はキルビルVOL1以来だ!!!!!!!
とにかく、300は
萌えとか何とかわけのわからん言葉を多様する、
現代社会の男達のオトコの魂に火をつけるような素晴らしい映画だ!!
私はこの感動を忘れまい!!
久しぶりに私の中のオトコ魂に火がついた!!!
よし!!!
これから、毎日腹筋をやるぞ!!!!
毎日、背筋もやるぞ!!!!!
私の気分はすっかりスパルタである!!!!
今日から戦士ヒヨケムシだ!!!!!!!!!
映画の内容を書くと、後の楽しみが減るかもしれないので
語らないでおくが、
大まかな内容は300人の兵隊で、一万ぐらいを相手にする!!!
そして、あっと驚く映像.......そして何よりも、
凄い展開に私は心臓が口から飛び出てしまうような感覚がした!!!!
まぁ、どうでもいい!!とにかく、この映画を観るのだ!!!!!
総統として、同志ならびに党員諸君に観る事を義務づける!!!
諸君もオトコになるのだ!!!!
そして、朝飯はたくさん食え!!!!!
晩飯は地獄で食うぞ!!!!!!!!!!!!!
スパルタアァァァーーーーー------!!!!!!!!!!!!!」
[PR]
by hiyokemusi | 2007-06-29 23:19 | 総統の映画裁判所 | Comments(0)

スキャナーダイクリー

評価 5(最大で5)

☆ストーリー☆
麻薬を吸って、キアヌリーブス、イカれる。

☆出演☆
キアヌリーブス
ウィナノライダー
虫デブ
メガネハゲ

☆感想☆
人物の動きをそのまんまトレースしためずらしいタイプの
アニメ映画で、一見すると3Dのトゥーンレンダリングだったかに
よく似ている。
独特な雰囲気があるので、結構楽しめる!
まぁ、面白いんだけど、これと言って書くことがない。
[PR]
by hiyokemusi | 2007-06-03 00:17 | 総統の映画裁判所 | Comments(0)

スパイダーマン3観たゼ!

\`δ´/
「今日は帰りに、同志達と共にスパイダーマン3を観に行ったぞ!
ベノムが出るともなれば、観に行くしかあるまい。
1,2と面白かったので行ってみたわけであるが.....
3も十分に楽しめる出来といえよう!
敵役が二人出てくるわりには、物語もうまくまとめられていたと思う。
まぁ、今回の見せ場はやはり
スパイダーマンの印象的な悪役、ベノムであろう!
だが、ベノムの登場場面が思っていたより少ないのが残念な限りだ。
かっこよかったが。
あと見せ場は悪役のサンドマンだ!
じゃっかん、ハムナプトラのイムホテップとイメージがかぶるが、
CGはホント、凄かったねぇ~。
うーん、私もあのベノムスーツが欲しいものだ。
デスノートと一緒に落ちてないかな??
.............
スパイダーマンを観終わり、友人達と感想や意見をかわす。
これもまた、観た後の楽しみの一つと言えよう!
会話もはずむというものだ。
そういえば、新作映画の予告編で、トランスフォーマーがやってたぞ!
トランスフォーマーも凄そうだった!
マイケルベイだからね~豪勢に鑑賞できる映画になりそうだ!
次はトランスフォーマー、スリーハンドレッド、アポカリプトなど、
今年も面白い映画がたくさんだ!
今宵もまた、良き映画を観れそうだ!
はっはっは!
我らクロニカの名の下に!」
[PR]
by hiyokemusi | 2007-05-18 21:54 | 総統の映画裁判所 | Comments(2)

バタフライエフェクト

評価 5(最大で5)

☆ストーリー☆
肝心な時に記憶が飛んでしまう少年の話。
しかし脳に障害があるわけでもなく、そのまま成長し、
ちょい悪の小学生になる。
ある時、不良とその妹、デブと共にッダイナマイトで家を
爆破しようとすると.........
記憶が飛んでしまい、気がつくとそこは森の中でした。
この記憶が飛ぶ謎の現象の正体は何か??
みーれーばー解る!!!

☆出演☆
ひげが濃くなった男
不良兄
不良妹
子デブ
ヨーグルトデブ

☆感想☆
\`δ´/
「何だ!?何だ!?と、思わず魅入ってしまう映画だ。
だが、映画を観ていくと、そうだったのかぁー!!と
この現象の謎が解ける!!その謎が解けた時の快感!
オナニーで発射した時の快感によく似ている気がする!
とにかく面白いから観てみるといい!」
[PR]
by hiyokemusi | 2007-05-12 23:24 | 総統の映画裁判所 | Comments(0)