カテゴリ:えーるず超兵器研究所:001体( 1 )

兵器研究所開設!本日の兵器は永久戦争の光爆弾!

\`δ´/
「という感じで…
久しぶりであるな。同志ならびに党員諸君。
冬が来ると訳もなく悲しくなる…
カテジナさんが昔、こんなセリフを呟いたが、私も同じだ。
そうだったな…ボルマン。私は雪が嫌いだった…

12月もまじかに迫り、
もはや私の気分はバットマンリターンズのペンギン男。
あるいはシザーハンズのエドワード。

どっちにしても、あまりいい気分ではない。
毎年毎年、12月はいい気分がしない。
悪いことがあるわけでも、いいことがあるわけでもないが…
なぜか12月は嫌い。
年末は祖国に帰り、
最古参の同志たちと酒池肉林の宴会をするのは楽しみだが
12月は嫌い。
と、まぁ、くだらん前置きはこれぐらいにして、
我が画廊の集客率ナンバーワンのえーるず怪獣研究所に、新たにえーるず兵器研究所を開設したぞ!
これで我が画廊を訪れる国民達が増えるだろう!
我が帝國も拡大!
ジークハイル!
では!記念すべき一体目の兵器は
フィリップKディック先生の小説、永久戦争に登場した光爆弾だ!」
c0097317_22592445.jpg

名前:超兵器光爆弾
分類:兵器類スパイナー亜目
登場:小説、永久戦争に登場
身長:不明
出身:地球
出現:地球連邦軍基地
特徴:光速で敵の惑星まで飛行する惑星間弾道弾。
    光より速い速度は存在しないため、迎撃は不可能。
    さらに、光速で物体にぶつかる際の衝撃と、
    本来の爆弾の威力がプラスされ、物凄い破壊力をうむ。
    地球の外宇宙の開発を妨害する、
    αケンタリウス星用の超兵器として開発されたが、
    開戦を急ぐ地球連邦軍のラインハートにより、
    テストなしのぶっつけ本番で打ち上げ、そして失敗。
    ケンタリウス星に着弾するも、爆発しなかった。
    しかしこの爆弾の失敗から、
    地球人は物体を光速で転送する技術を発見するのだった。
鳴声:なし
効果:威力は不明だが、物凄い破壊力らしい。
KP:00(兵器の威力。小説では失敗したため、威力0とした。)
評価:☆☆☆☆
    (最大で5。この映画を観るときの参照にしてね)




\`δ´/
「という感じだ!
この小説、短編なのだが、なかなか面白いぞ!
フィリップKディック先生のSF小説に登場するロボットや
生物、そして超能力など、
どれをとっても設定がすばらしい!
今回紹介したこの爆弾も、
小説を読んでいて、なるほど!と、納得してしまう。

海外の連中の前には、日本のSFなどの設定はかすんで見える。
そもそも、HGウェルズが
タイムマシンを19世紀に書いてしまうぐらいだ!
タイムマシンも小説を読むと、その妙にうまい説明で
納得してしまう。
うーん。
日本は所詮、そのSF設定のケツを追いかけているだけで、
新しいSFの面白い設定は全て海外だと思うな。。。
最近は、お互いパクりあって前進しているが、
やはり本家本元の海外のSF設定にはかなわんと私は思う!
とにかく斬新な設定…
今回のこの光爆弾も斬新な設定だと感じる。
古い小説なのに、実に斬新!
今読んでも、斬新な設定というところが凄い!
流石はフィリップKディック先生!
だてに麻薬を吸って小説を書いているわけではないようだ

こういう斬新な設定は
やはり麻薬によるトリップ感からくるのだろうか?
ともあれ、
フィリップKディックの小説は面白いので
機会があったら、諸君も読んでみるといい!



おっと!もうこんな時間か!
明日は早いので、私はこれで失礼するよ。
さらばだ!
同志ならびに党員諸君!」
by hiyokemusi | 2009-11-24 23:39 | えーるず超兵器研究所:001体 | Comments(2)