ニート気分を満喫??本日の怪獣はコレ!

\`δ´/
「というわけで…
私は今、長期休暇(どれぐらいなのか私には不明)に入った!
すばらしい!
何もないことがこれほどすばらしいとは!!
毎日、絵を描いたり…映画を観たり…
なんだか…この感覚…
長い間忘れていた、あの懐かしい感覚を思い出した。
自由な空気のすばらしさ!
昔、夕日に染まった札幌の麻布の街で
クッチーナの渡り蟹のスパゲッティーを食べた後
自転車ですべるように家に向かい走っていたあの頃…
そんな時代の懐かしい気分を味わった!
すばらしいといえば、他にも!
反共主義者、芸術家の同志達が、
一日に平均50人
来てくれている!!
ありがとう!
これからも我が画廊を訪れてくれたまえ!
私と、将軍達が諸君を歓迎しよう!

というわけで、今日紹介するのはこの怪獣!
のんびりと生きている怪獣を紹介しよう!」
c0097317_18122381.jpg

名前:猛毒海草怪獣 キングリヴァイアサン三世
    (名前は総統がかってに命名)
分類:怪獣類ザザーン亜目
登場:新リヴァイアサン
身長:10メートル
出身:深海
出現:深海の洞窟の研究施設
特徴:アメリカ軍が作った深海の研究施設から脱走し、
    結構浅瀬にまで進出してきた、海草怪獣。
    研究施設には、他にもラゴンや、ディプラス、
    タッコングのような怪獣が群集しているのだが、
    その中でとりわけて巨大で凶暴だったのがこの怪獣。
    肉食で、研修施設の最深部の天井に根を張り、
    獲物がやってくれば触手で捕らえ、食べるという、単純な性格。
    この怪獣が吐き出す毒素を人間が浴びると、
    遊星からの物体Xなみのグチャグチャクリーチャーに変異する。
    しかし、近づいたり、触ったりしなければ安全。
鳴声:ヴゥルルルルル…
攻撃:二本の強靭な触手、鋭い牙、猛毒汁、
弱点:火に弱い
HP:43(映画での強さ100ポイント中)
MP:62(映画での活躍ぶり100ポイント中)
評価:☆☆☆☆
    (最大で5.この映画を観るときの参照にしてね)


\`δ´/
「という感じだ!
この怪獣映画、あるとしたらそうとうなマニアックなビデオ屋だろう!
高校を卒業して専門学校に入り、学校帰りに
自動車教習所で路上実習をやり終えた後、帰路にある
ビデオ屋で借りたのを今でも鮮明に覚えている!
ただのリヴァイアサンも面白いが、
この映画もなかなか面白い出来にしあがっている!
しかし、この映画も画面が暗いので、TVの設定を明るくしないと、
怪獣も…それよか、何が起きているのかも解らない!
クリーチャーも沢山登場し、大いに楽しめることであろう!
あの怪獣のように、人が来たら食べて、寝て…な
ニート生活を満喫したいものである!
一生満喫していものだ!
ホント、言葉さえわかれば、ヨーロッパとかで
のんびり暮らしたいものだな。。
…いや!くじけてはならん!
こういう時はワーグナーだ!!
ワーグナーが私を慰めてくれる!
ラインの黄金!!この壮大!!この迫力!!!

だが、当分私もこのニート気分を満喫できるだろう!
というわけで、今夜もこれから映画を一本観て、
たっぷり寝るとしよう!
さらばだ!
同志ならびに党員諸君!」
[PR]
by hiyokemusi | 2008-09-12 03:01 | えーるず怪獣研究所:さ行029体 | Comments(0)
<< 本日の映画はクローバー…いや、... 暗いTVだと何も見えない怪獣映... >>