これが宇宙人初の地球侵略か!?宇宙戦争ZERO!!

\`δ´/
「やぁ、諸君。久しぶりであるな!
私は連休に満足しておるが…明日出勤である!!!!
といっても、そんなわけだからして、
国民達が休む一日前から連休に入ったので、文句はないという。
さて、本日は連休最後の日!
最近更新をサボりがちであるがゆえに、
本日は久しぶりにえーるず怪獣研究所を更新しようと思う!
では!
本日紹介する映画は、
ボッタクリCG映画、宇宙戦争ZEROだ!
c0097317_171942.jpg


■ ストーリー ■

時は1890年…だったけか??まぁ、そのぐらいの時代。
とある列車強盗犯の主人公を死刑にしようとする西部劇っぽい町。
それでは、死刑執行!
…しようとしたその時!恐ろしい怪虫が町を襲撃してきた!
虐殺される町の人々…!飛び散る血!
銃弾なんか効かないゼ、怪虫!ヒャッハアァァー!

怪虫襲撃のどさくさで逃げる主人公。
主人公は個性豊かな(豊かすぎる!)生存者を仲間にし、
そんな地獄絵図と化した町からなんとか脱出しようと試みる!
出演、
たとば…
ダイナマイトも売っている雑貨屋(どんなだ!)のおじいさん、
たとえば…
西部一の早撃ちを自負する、どこかで見たことのある女ガンマン、
たとえば…
鉱石にの利益に踊らされた、キャラの薄い強盗仲間、
たとえば…
死ぬためだけに仲間に加わった、ヨーグルトデブ保安官、
たとえば…
事件の真相を知っている感、まるだしの博士、
たとえば…
ダンナを犠牲にされた女、
たとえば…
過去に主人公と何か意味深な出来事があった女、

誰も、怪虫ゼロゼロンから逃れられない!








\`δ´/
「という感じだ。
ちなみにこの映画、ボッタクリCG映画としてはまだまだまともな方。
一応、斬新でわけのわからないゼロゼロンの設定もあるが、
そういうところを抜かすと、まだまともな方。


※以下、ネタバレあり!見たい人だけ見てね。
  まぁ、こんな映画楽しみにしている人間はいないと思うけど…www


宇宙人の地球侵略の目的は、
町の地底に眠るウランの鉱石をゼロゼロンに発掘させ、
母星に持ち帰ること…なのだが、

映画の途中で博士が、
「あのウランはあのゼロゼロン達にとって、麻薬のような効果があるらしい」と述べる。
…麻薬!?
麻薬吸うために、わざわざ何万光年もはなれたこの地球にやって来たのか!?

だとしたら、宇宙人達は地球に眠るウランを持ち帰り、
どうじゃ!わしんとこのシャブは上物じゃろぅ?おぅ??
ってな具合で、商売する気だったのだろうか??
その話は想像だが、実際、怪虫達はウランを食べる。
そして尻尾の先端からウランの鉱石を弾丸のように発射して攻撃する…
大切なウランを発射して攻撃…!?

うーん…うーーーー~~~??
このことから推測するに、
こいつら、ウラン集めに来たわけでもないらしい…
全くわけがわからない地球侵略だ!
ウランを尻尾から出して発射していたら…こいつらの目的はやはり地球の植民地化!?
だったのだろうか…
ウランはこの侵略用の怪虫の餌だとしたら…
侵略に必要な攻撃の物資は現地調達ってこと??
つまり、こうなるだろう。
ってか、地球に来るだけの科学力があるのに、レーザーも何も装備しない怪虫で攻撃してくるとは…
我々地球人もなめられたものだ…


地球人勢力もなかなかな面子!
死ぬキャラは、皆、顔に死にますって書いてあるからわかりやすい!

なんという親切なストーリー展開だろう!
映画の冒頭で無惨な死に方をする鉱夫の場面や、
途中の村人虐殺場面など、退屈市内程度にこちらを楽しませてくれる!

そして、この映画の一番の価値は…
私の知る限りで、
地球初の、宇宙人による侵略行為として人々に記憶されるであろうこと…
宇宙人はこんな時代から、地球を狙っていたのだ!
なるほど、たしかにこれは宇宙戦争ZEROというタイトルがふさわしい映画!

みるがいい…地球人類の敗北の歴史を…!
悠久の時を超えた地球人と我々の戦いの中では、
おまえらはほんのちっぽけな存在にすぎない…!
そこはボッタクリCG映画海峡…螺旋の墓場だ…!


というような感じだろう!
一番予想できなかったのは、UFOの破壊の仕方。
もちろん時代が1890年ぐらいで、しかも地方の田舎だから、
武器はダイナマイトと、拳銃、ショットガン。
こんな貧弱な装備で、宙に浮いているUFOをどうやって破壊するか…!

まぁ…それは最後に記述しよう!
昔、パラサイトという映画でイライジャが言っていた。

「都市を破壊すれば、みんなにバレて、侵略がやりにくくなる。
田舎からばれないように侵略して、勢力を広めた方が利口だ!」


宇宙戦争ZEROに出てきたエイリアンに言いたい、
田舎で失敗しているようじゃ、終わっとるぞ!おまえら!!!」

c0097317_17513927.jpg

名前:群体宇宙怪虫ゼロゼロン
分類:怪虫類ゴキグモン亜目
登場:宇宙戦争ZERO
身長:4メートル
出身:宇宙
出現:アメリカの田舎町ドッカナイ
特徴:突如、町に出現し、人々を虐殺した怪虫。
    とても頑丈な装甲をしており、地面を楽々掘り進むパワーを持っているが、
    主人公の立てこもる木の家を壊そうとして、なかなか壊れないとすぐにあきらめる、
    根性のないさっぱりした性格である。
    機械のような皮膚の下には、ぐろい生き物が入っている。
鳴声:シャアアアアァァァァァァー
攻撃:鋭い牙、尻尾から発射する鉱石、ハサミ
弱点:口の部分がやわらかい、ダイナマイトの直撃
HP:75(映画での強さ100ポイント中)
MP:80(映画での活躍ぶり100ポイント中)
SP:80(映画での登場の早さ100ポイント中)
評価:☆☆☆
    (最大で5。この映画を観るときの参照にしてね)
c0097317_1882952.jpg

名前:侵略円盤ゼロドーム
分類:円盤生物類ブラックドーム亜目
登場:宇宙戦争ZERO
身長:直径80メートル
出身:宇宙
出現:アメリカの田舎町ドッカナイ
特徴:ゼロゼロンを大量に内部に搭載し、地球に降りてきた。
    その目的はウラン採掘らしいが、真相は不明。
    中に乗っている宇宙人は
    搭載したゼロゼロンを全て投下した後も、
    開けたハッチを閉めようともしない、とてもだらしない性格。、
    それが災いし、ダイナマイトの爆風がハッチの中に入り、何かに引火。
    大爆発してあっさり消滅する。
    ダイナマイトの爆発の威力が異常だったせいもあるが、
    教訓は科学力が進んでも、
    それを使う人間がダラなしなければ末路は悲しいという事だろう。
鳴声:ゴゥン ゴゥン ゴゥン
攻撃:ふわふわ浮かぶ
弱点:つねにハッチを開けっ放しにしいる
HP:05(映画での強さ100ポイント中)
MP:20(映画での活躍ぶり100ポイント中)
SP:40(映画での登場の早さ100ポイント中)
評価:☆☆☆
    (最大で5。この映画を観るときの参照にしてね)





\`δ´/
「という感じだ!
楽しんでいただけたかな???
それにしてもこの宇宙戦争シリーズ…
人気あるのか、今だに続編出るのがすごいと思う。
ちなみにこの映画、おすすめはしない。
よほどバカCG怪獣映画見たい人だけ見てくれ。


おっと!もうこんな時間か。
では、私はこの辺でしつれいしよう!
さらばだ!
同士ならびに党員諸君!!」
[PR]
by hiyokemusi | 2010-09-19 18:31 | えーるず怪獣研究所:あ行027体 | Comments(0)
<< 中国の圧力に屈したバカ政権、大... リボルテック・モゲラのボルマン覚書 >>