ヒトラー関係本、最高の一冊!

c0097317_2355211.jpg







(~∂~)
「今日紹介するのはこの本、
”アドルフヒトラーの青春 ~親友クビツェクの回想と証言 ”だ!
つい最近読み終えたのだが、
凄く良い本だったので我がブログで紹介しておこうと思う。


本書は

ヒトラーの青春時代の唯一の友人であり親友でもある、
アウグスト・クビツェクという人物が書いたものだ。
オペラ劇場でヒトラーと知り合い、
仲良くなってからはヒトラー家にも頻繁に出入りしたりしていたので、
とにかく当時のヒトラー家の事が詳しく描かれている。

それだけではなく、
ヒトラーが学校を中退した後どういう生活を送っていたのかという部分、
筆者しか知らないヒトラーの淡い初恋、ワグナーマニアの部分、
ヒトラーが芸術家から政治家に夢が移り変わっていく様、
妹パウラ・ヒトラーの事、美大受験失敗や、
母親と死別したところも細々書かれている。
つまり若い頃のヒトラーを知る上で、もの凄く役に立つ資料と言える!
これ以上の貴重な資料は他にないだろう。
しかも資料として価値があるだけではなく、
純粋に青春小説としても楽しめ、
分厚い本だがスラスラ楽しく読める点も素晴らしい!


この本を

読んで、色々な本に書かれているヒトラーの若い頃の姿は
かなり悪い部分が誇張されているのが判った。

ヒトラーと言えば悪の代名詞だから仕方ないのかもしれないけど…
しかしこれは親友が書いたものというだけあり、
人間的に良いところ悪いところを含め、ありのままのヒトラーを書いている。
しかもそれと同時に、当時の人々の娯楽や細々した生活風景、
オーストリアハンガリー帝国の抱える社会問題などが描かれているのも面白い。


個人的に、

ウィーンで筆者がヒトラーと一緒に生活する以前から、
彼がすでにユダヤ人や外国人が大嫌いだったというのが一番衝撃だった。

私は、絶対に貧乏が原因で、
ヒトラーがユダヤ人嫌いになったのだろうと思っていたのでこれには驚き。

なぜ彼がユダヤ人を差別するようになったか、
多民族国家オーストリアハンガリー帝国の世相を絡めて推理しているのも
凄いなぁ…って思った

他の本ではユダヤ人を差別するようになった理由を、
祖父が誰だか判らないがために血統コンプレックスに陥ったとか、
ヒトラー家はカトリックだったのでユダヤ嫌いになったとか、
よくわからない感じで書いてあるが、
この本が一番納得いく説明がしてあり、その辺も大満足。

色々な

事が書かれているが、
とりあえずヒトラーがどういう人間だったのかよく理解出来た。
少しでも気に入らない事があると怒りの発作を起こし、
反対意見があると相手を論破し言いくるめ、
自分の思うことばかりを喋りまくる傲慢な人間。

凄く嫌な奴と思いきや、
筆者の母親が川に落ちて溺れると躊躇せずに助けに行ったり、
音楽家になりたい筆者のために頑固親父を説得したり、、
筆者が初めて劇場で演奏した時、まるで自分の事のように喜んでいたことなどなど、
意外に優しく人情味溢れるところにも驚きだ。


とにかく、

親友としてヒトラーの良い面悪い面も平等に描いている点が、凄く良かった。
人間的にヒトラーをよく描いてある本だと、
水木しげるの ”劇画ヒットラー ”以来な感じだ。

私が一番最初に読んだヒトラー関係の本、
ルイス・スナイダーの ”アドルフ・ヒトラー ”なんか、
悪い部分ばかり誇張されてる本だったしね。


まぁ、

人間としてヒトラーや幹部達を描くのは未だにタブー視されているからなぁ。
映画 ”ヒトラー最期の12日間 ”でも、
第三帝国の連中を人間として描くのはどうよ!?
こんな風に描いたら、みんなあんな奴らに同情しちまうだろうが!!
…って言われたぐらいだし。

意外にこういう普通の人でも大犯罪に手を染めてしまうから
みんなも気を付けよう…って教訓があるんだけどね。

ドイツは、第三帝国時代の歴史を徹底的に反省したから、
ヒトラーを犯罪者としたうえで
こういう本や映画を研究資料としてとらえる事が出来るから良いと思うんだけど。
ロシアはスターリンを悪と見なさなかったために、未だに賛美されているし。

とりあえず

ヒトラー関係の本としては、かなり面白いし為になるので、
それ系の創作をする人や興味のある人は読んで見るといい!
個人的には ”ボルマン覚書 ”よりもずっと面白かった!

では、今日はこの辺でお別れだ!
サラだバー、同志並びに党員諸君!!」












[PR]
# by hiyokemusi | 2015-05-01 23:17 | 中央情報局 | Comments(2)

ネオアトラン!figmaガーゴイル、レビュー!!!

c0097317_22215227.jpg

ネオ、アトラン!!

ネオアトラン!!

ネオアトラン!!







(~∂~)
と言うわけで、今週発売したフィグマ、ガーゴイル様のレビューだ!
ナディアのラスボス、ガーゴイルの初アクションフィギュア発売に私は歓喜!
このフィグマの発売をどれほど待っていただろう!

今までガーゴイル様のアクションフィギュアはなかったし…
とにかく、このfigmaガーゴイル様で遊ぶ日が来て、嬉しい限りだ!

というのは…

嘘ww
だまされた人はゴメンナサイwww

出来ればエイプリルフール前にこのガーゴイル様を完成させて、
史上最高の嘘をつこうと考えていたのだが、計画は失敗ww

四月初めに完成させようと思っていたが、完成したのはつい最近の事。
フィギュア改造は初めてやったが、
初めてにしては上手く出来たではないだろうか?
拡大するとけっこうアラがあるけど…
パッと観ればガーゴイル様!


頑張って

ストーリーものにして、
このフィグマガーゴイル様を壮大に紹介しようと思ったが、
オオタチのストーリーを撮って力尽きた…

ストーリーものを撮影すると、本当に時間がかかるし疲れる…
本当なら、オオタチレビューのストーリーの続編で描きたかったが…
誘拐されたエメラナ姫とガーゴイルが会い、
「知りたくはないかね?君が私と何処で会ったのかを。」
「我々ネオアトランティスは人工的に怪獣を造り出す事も出来る。
 つまり我々は万物の創造主、神にすらなれるのだよ。」

…みたいなやりとりをさせたかったのだが。

ちなみに

ガーゴイルの覆面は、
職場の同僚S氏がワンフェス土産で買ってきてくれた
覆面素材を生かして制作!!
ありがとう、S氏!







c0097317_22371958.jpg

c0097317_22372857.jpg







(~∂~)
大体判っていると思うが、このガーゴイルを制作するために、
フィグマのロジャースミスに犠牲になってもらった。

上の画像の通り、
ガーゴイルとロジャースミスの体格、服装がほぼ同じだったので、
コレしかない!!…って思って使用したのだ。

そしたら偶然にも、覆面素材がロジャーの体格とピタリと一致!!
予想以上に良い出来になった!」







■ 制作過程 ■
c0097317_2239338.jpg

↑覆面素材を被せたロジャースミスの胴体。
 このために造られたのか!?と思うほど体型にフィットする。
c0097317_22394242.jpg

c0097317_22395138.jpg

↑覆面素材に色つけ。ちなみにマスク部分は
 紙にそのまんまアニメの画像をコピーして貼り付けた。
c0097317_2240118.jpg

↑フィグマをバラバラにしてパーツごとに塗装。
 ネットで情報を収集しても、フィグマ改造では
 何の塗料使えば良いのか判らなかったので、ここが一番困った。
 数種類試し、フィニッシャーズカラーを使用。
 黒色スーツにキレイに赤色が乗った。

 しかし、関節パーツには色が乗らなかった。
 いや、乗るには乗るんだけど、
 遊んでいると関節パーツの赤色がパキパキ剥がれ落ちてしまった。

c0097317_22403865.jpg

↑手の部分が一番苦労したような…
c0097317_22405097.jpg

↑とりあえず仮完成。
c0097317_2241043.jpg

↑アップ。塗料でピカピカ!
c0097317_2241826.jpg

↑ピカピカが気になったので、つや消しスプレーを吹きかけ
 ピカピカを消してみた。
c0097317_22412068.jpg

↑一気に重厚感が出てきて満足である!







■ 完成 ■
c0097317_2241349.jpg

↑この写真が一番上手く撮れたのでもう一度。
c0097317_22415624.jpg

↑マスクの表情を数種類印刷。
 立体ではないので、横表情は再現出来ないがww
 かなり近づいて撮ると、紙のボソボソが判る…
 淵をマジックとかで塗ってないからねぇ…
c0097317_2242761.jpg

↑ノーマルフェイス。
c0097317_22421547.jpg

↑陰謀フェイス。
c0097317_22422339.jpg

↑「ネオ皇帝陛下、
 我らネオアトランティス復活のためになにとぞお力添えを。」
c0097317_22423480.jpg

↑不機嫌フェイス。
 しかしマスクだけで様々な感情を表現してしまうのは凄い。
 作画した人々に拍手だ。









■ 色々な場面 ■
c0097317_22425022.jpg

↑「スーパーキャッチ光線発射!!」
c0097317_22425987.jpg

↑「まさか主砲の直撃を受けるとは…うかつだった…」
c0097317_22431048.jpg

↑「素晴らしい…世界を再び我々に跪かせる神の光だ…」
c0097317_22431997.jpg

↑とりあえず、後ろにこんな感じでいると良い画になる!
c0097317_2243281.jpg

↑「愚か者め。」
c0097317_22433878.jpg

↑「これで最期だ、ネモくん!」
c0097317_22434793.jpg

↑ネオアトランティスの幹部達ww
c0097317_22435670.jpg

↑ガーゴイルって、いつもこんなポーズのような気がする。
c0097317_2244484.jpg

↑「ところで、たった数人の侵入者により
 基地の破滅を招いたのは誰の責任かね?」






(~∂~)
「という感じだ!
フィグマ商品化希望とかアンケート取っても、
どうせ私の欲しいものが選ばれるわけがないし、

こんな風な形でガーゴイル様のアクションフィギュアが手に入り、嬉しい限りだ。
大好きな悪役の一人だからね。
あのマスクのデザインを考えた人は天才だと思う。
シンプルで高貴なデザイン…素晴らしい!

次はシュバルツバルトにもチャレンジしてみよう!
今度は素材も一から自分で造ってみたりして!

では!

オマケ画像と共に
今日はこれでお別れだ!
サラだバー!!同志並びに党員諸君!!!」








■ オマケ ■
ストーリーもの撮影して力尽きたため、
ガーゴイルレビューで使わなかった画像の数々。
ジャンボットとグレンファイヤーが倒された後、
ガーゴイルの部下にエメラナ姫がさらわれて…
…みたいな感じで撮る予定だった。。。。
手を抜いてすまないね…
ちなみにリンクはミラーナイト人間体。
それにしてもコッテリデブ…
フィグマの姫を持ったまま支えもなく直立出来る立地性に驚く…

c0097317_2249282.jpg

c0097317_22495038.jpg

↑フィグマのリンクはカッコヨクテお気に入り。
c0097317_22495766.jpg

c0097317_2250577.jpg

c0097317_22501962.jpg

c0097317_22503162.jpg

↑我が家ではこの状態で飾ってますww
c0097317_22504040.jpg

↑「助けて!ミラーナイト!!!」











[PR]
# by hiyokemusi | 2015-05-01 23:02 | figmaの部屋:04体 | Comments(2)

怪獣オオタチ上陸に備えよ!NECAオオタチ、フィギュアレビュー!!

c0097317_20393734.jpg







(~∂~)
「まだまだつづくぞ!!!はぁはぁ…
こちらはネカ・パシフィックリムシリーズのオオタチだ!!
このフィギュアは凄く高いので購入するか迷ったが、
映画本編での暴れっぷりや、戦いっぷりが最高にカッコヨカッタので購入!!
買わずに後悔するなら買って後悔しろ!って名言があるぐらいだしww

それにこの二期出荷分を逃したら、
もしかしたら二度とオオタチ買えなくなるかもしれないしねぇ。

オオタチはカッコイイ怪獣だった!
基本私は四足歩行怪獣があまり好きではないのだが、このオオタチは別。
最高にカッコヨカッタ!!


しかも

ラスボスよりもラスボスっぽい事をしたせいで、
スラターンがメチャクチャ弱く感じてしまったよ…ホント。
この怪獣一匹でイェーガー2機も撃破するし、しかも第二形態まであるし…
これらの描写がこのオオタチの強さとカッコヨサを引き立てる!
ラスボスじゃないのに、ラスボス要素満点だ。

見かけだけなら、ナイフヘッドが一番強そうだが…

よく

私の友人が、パシフィックリムのラスボスは
ジャンボキングみたいな合体怪獣だったら良かったのになと言ってるが、私も同感。
たしかにナイフヘッドやら何やら、今まで倒した怪獣のパーツが
組み合わさった感じだったら、さぞカッコヨカッタだろう。

「怪獣1体だと!?」「…いや!奴は1体で3体だ!!」みたいな感じ!
スラターンのデザインも好きだが、こっちの展開とか観たかったね~
とにかく、あと30分ぐらい長くても良かったから
ラスボス戦を盛り上げて欲しかったねぇ…

まぁ、予算の関係とかで仕方ないんだろうけど。

デブトロ監督も

映画のメイキングで“オオタチはデザインこだわったよ”と、
オオタチに対するデザイン愛を語っていたから、
コイツにラスボス要素がふんだんに盛り込まれているのだろう。

スラターンに対するコメントは無し…うーん。。。。

おっと!

前置きが長くなってしまったが、
関係ない話はこれぐらいにして
オオタチフィギュアのレビューに移ろう!
しかし、いまだにパシフィックリムの話で熱くなれるのは凄いね~
ホントに良い映画だった!」




■ オオタチ・レビュー ■
今までのパシフィックリム怪獣シリーズの
総決算みたいなフィギュアなので、見事な出来!
それにしてもネカの怪獣フィギュア、どんどん進歩してるねぇ。

一番最初に出てきたナイフヘッドに比べ、
どんどん技術が進歩しているのが判るよ。
しかし、一番最初にナイフヘッドを買ってしまったのが残念だ。
その後わりとすぐにナイフヘッドの大きいサイズの
よく動くフィギュアが出たし…

このオオタチは値段が高い分、とにかく良く出来たフィギュアだ。
ただ、値段が高すぎるが…
通常の怪獣の2,5倍ぐらいだしねぇ…

c0097317_20472027.jpg

c0097317_2047282.jpg

c0097317_20473626.jpg

c0097317_2047441.jpg

↑箱。これでもかー!…な感じでフィギュアが針金で
 ぐるぐる巻きにされていて、取り出して遊ぶのに
 10分はかかったような…
c0097317_20475246.jpg

↑前から。ジャバの宮殿の地下室にいた怪獣に似ている。
c0097317_2048088.jpg

↑横から。
c0097317_20481083.jpg

↑後ろから。
c0097317_20481973.jpg

↑大きさ比較。ウルトラACTとの比較だが、メチャクチャ大きい!
c0097317_20482994.jpg

↑口は縦に開き…
c0097317_20483780.jpg

↑横にも開く!!
c0097317_20484651.jpg

↑溶解液パーツも付属する!
c0097317_20485855.jpg

↑前脚はとにかく良く動く!
 それに比べ、後ろ脚はほとんど動かない。。
c0097317_2049798.jpg

↑このように、今にも飛び立ちそうなポーズをとれる!
 しっかし、値段が高いんだから別パーツで羽ぐらい付けて欲しかった。
 …まぁ、今までの事を考えれば
 オオタチ・ダメージバージョンとか出すんだろうねぇ…
c0097317_20491926.jpg

↑とりあえずボリュームが凄いので、満足度も凄い。
c0097317_2049287.jpg

↑そして長い尻尾。
c0097317_205264.jpg

↑パッケージにデカデカ良く動くと書いてあるだけあり…
c0097317_20522392.jpg

↑もの凄く良く動く!!
c0097317_20523862.jpg

↑昆虫のアゴみたいな先端部分も可動!
c0097317_20525089.jpg

↑中に歯車が入っていて、一つ動かすと連動して全部動く!
c0097317_205312.jpg

↑ちょうどモンスターアーツの怪獣シリーズみたいな尻尾の造形で…
c0097317_2053122.jpg

↑関節部分が上手く隠されていて、しかもキレイにグネグネ動く!
 ペンタブル構造みたいに、中で切れてしまう心配が無く遊べるのも嬉しい!!
c0097317_20532646.jpg

↑イモムシみたいな尻尾の裏側。このオオタチの尻尾って、
 初期にボツになった百足怪獣のデザインをそのまんま使ったって知ってた??
c0097317_20533968.jpg

↑これは爽快感ある遊び心地!
c0097317_20535071.jpg

↑さらにオオタチの子供、“コタチ”も付属!
c0097317_2054112.jpg

↑アマゾンでコレだけ2500円で売られていたが、ボッタクリすぎだろw
c0097317_20541129.jpg

↑ヘソの尾まで再現しているあたりもGOOD。
c0097317_2054224.jpg

↑ウルトラマンのソフビ怪獣なみに、頭と腕が動く!
c0097317_20543161.jpg

↑後ろから。コタチは後ろ脚が未発達なんだなぁ。
 大人になるにつれて…みたいな連想させるのも良いね。
c0097317_20552245.jpg

↑とにかく高いだけあり、良いフィギュアだった!







(~∂~)
「という感じだ!
パシフィックリムの怪獣はこれ以外に
ナイフヘッド(初期バージョン)と、レザーバック、
スカナーを持っているのだが、
可動が一番優れていたのはスカナーかねぇ。

途中にも書いたが、
こんなに値段が高いのだから別パーツで羽ぐらい付けて欲しかったよ。
前脚がよく動く分、そこがとても残念だった。
あとは値段…私を破産させる気か!?って思うぐらいだ。

尻尾も良く動くし仕方ないのかもしれないけど。

では!

ショートストーリーと共にお別れだ!!
サラだバー、同志並びに党員諸君!!」





■ ショートストーリー ■
エスメラルダ城が謎の宇宙人に襲撃され、
郊外には謎の怪獣が出現!
グレンファイヤーとジャンボットは怪獣と応戦するが…
c0097317_2103972.jpg

「一体この怪獣は何だ!?今まで見たこともないぞ!?」
c0097317_2105033.jpg

「グルルルル!!」
c0097317_211025.jpg

ズバッ!!!
c0097317_2111073.jpg

「ガルルルル!!」
c0097317_2112340.jpg

「キシャアァァァ----!!!!」
c0097317_2113434.jpg

「何度向かってきても同じだ!!」
c0097317_2114459.jpg

ガチッッ
c0097317_2115358.jpg

「コイツ!!」
c0097317_212470.jpg

ブン!!
c0097317_2121439.jpg

「ぐはっっ!!!」
c0097317_212306.jpg

「オレにケンカ売ったのが運の尽きだぜぇー!」ドカッ
c0097317_2152174.jpg

ガシッ
c0097317_2154423.jpg

「のわあぁぁぁぁーーー!!」
c0097317_2163226.jpg

ブンッ
c0097317_2174848.jpg

ズズーン  「ブホッ!」
c0097317_2184245.jpg

ガシッ 「!?」
c0097317_2192378.jpg

ググググ… 「ガハッ!!」
c0097317_21101350.jpg

ヒョイッ
c0097317_21103116.jpg

ズズーン 「ブハッッッ!!」
c0097317_21112677.jpg

「痛ぇ……ったく、やってくれるぜ…!」
c0097317_21121753.jpg

ドスッ 「!!」
c0097317_21125792.jpg

「なかなかやるな…あの怪獣!」
「全くだなぁ、ヤキトリ!
 こんな時にゼロもミラーナイトがいねぇなんてよ!」
c0097317_21162426.jpg

「私をヤキトリと呼ぶな!いい加減にしないとオマエから…」
c0097317_21174251.jpg

「久々に本気でやるか!」
c0097317_21185798.jpg

「行くぜ、ヤキトリ!!」
「私をヤキトリと呼ぶなっっっ!!」
c0097317_21214691.jpg

「バーニング…」
c0097317_21222545.jpg

「パァーンチ!!!」 ズドッッ
c0097317_2284668.jpg

「やるな、グレン!私もっ!」 ドカッ
c0097317_21244653.jpg

「最大出力でいくぞ!!」
c0097317_21254424.jpg

「ジャンナックル!!!」 バシュッ!!!
c0097317_21263218.jpg

ブシャッ!!!  「!!!」
c0097317_21274084.jpg

ズズーン!!!
c0097317_21282686.jpg

「プギャアアァァァーーーーー!!!」 ドドドドド
c0097317_21291031.jpg

「グレンスピア!!!」 「ブヒィ!!!!!」
c0097317_2131145.jpg

「ザマーミロ!!モロ突っこみやがったぜ!!!」
c0097317_213354.jpg

「いやぁ…久々に疲れたなぁ、ヤキトリ!!」
「ヤキトリと呼ぶな!何度言わせるんだ!?」
c0097317_213438100.jpg

「それにしても…この怪獣、一体何なんだ??」
「さぁな…ベリアルのように、外宇宙から来たのかもしれない。」
c0097317_21373798.jpg

ドドーン!!! 「!?」「!!」
c0097317_21382572.jpg

シュルシュル…
c0097317_21385613.jpg

ガシーン!!!
c0097317_21392362.jpg

「うわああぁぁぁぁーーーーー!!!」
c0097317_21403387.jpg

ギギギギ…
c0097317_21405982.jpg

バツンッッッ!!!
c0097317_21412714.jpg

ガシャァーン 「ヤキトリィ!!!」
c0097317_21423876.jpg

「グオオォォォーーーーン!!!!!!」
c0097317_21432773.jpg

「てめぇ、よくもジャンボットを!!!」
c0097317_2144981.jpg

「グギャァァーーーーーー!!」 クワッ
c0097317_2145489.jpg

バシャァァァーーー 「!!!」
c0097317_2146286.jpg

「ぐああぁぁぁぁーーーーーーー!!!」 ジュゥー…ジュジュッ…
c0097317_21476100.jpg

突如出現した謎の怪獣の圧倒的パワーに為す術なく倒されてしまった、
ジャンボットとグレンファイヤー。彼らの運命は如何に!?
そして怪獣の正体は!?待て、次回!!!
…と言っても、続きはやらないけど…申し訳ない!












[PR]
# by hiyokemusi | 2015-05-01 20:50 | フィギュアと色々展示室:20体 | Comments(4)