ジュラシックワールドに行ってきたゼ!!

c0097317_1927483.jpg


(~∂~)
「という感じで、諸君久しぶり!!
私はお盆休みに入り楽しい日々を送っている!
お盆休みを家でだらだら過ごしても仕方ないので、
昨日は友人と共に最近オープンした話題の遊園地、
ジュラシックワールドに遊びに行ってきたぞ!

今年の映画としてはアベンジャーズ2の次に楽しみにしていた映画だった。

感想は…

最高だった!!
一作目のパークが綺麗に改築されていてそこが舞台となっているところも高得点だが、
音楽も昔のジュラシックパークのまま!!!

小学三年生の頃にタイムスリップしたような感激を受けた!!
まるで初めてジュラシックパークを観た時のような感動があった。
もし無事に一作目のパークが開園されていたら…
…な映像がたくさん観られるのだから、
夢がありすぎて感動しまくり!
しかも多種多様な恐竜がたくさん登場し、端っこにちょっと写るってだけではなく、
それぞれの恐竜に見せ場があるのも素晴らしい!!
恐竜に人が襲われムシャムシャ食べられる!!
私のように恐竜をこよなく愛する人間であれば、
文句なしに楽しめる映画なのではないだろうか!?

ドラマ部分に関しては正直あまりグッとくるものはなかったが、
飼育係のスターロードくんとラプトルの友情は良かったねぇ!
とにかく素晴らしい映画なので、ぜひ諸君も大画面で映画館で観てもらいたい!
恐竜のでかさと迫力が実感出来るぞ!!!
私は同じく恐竜好きの博学友人と観に行ったので、
見終わった後もずっと盛り上がりっぱなしだった!


※以下ネタバレあり!※
c0097317_1949227.jpg

今回素晴らしかったのは悪役インドミナスレックス!
ラプトル、ティラノザウルス、スピノザウルス、カルノザウルス、
さらにはイカ、蛇、イグアナなどなどを合体させ、数々の特殊能力を持っている、
もはや恐竜というより怪獣みたいな存在!
生き物を楽しんで殺戮するうえ、真っ白い身体に真っ赤な目!
その性格と色合いは、まるでガンバの冒険のノロイを彷彿させる。

こんな悪役以外の何物でも無い恐竜が、
まさかジュラシックパークシリーズで観られるとは思わなかった!
ジュラシックシリーズは全作通して、自然災害(恐竜)から逃げるって感じの話だが、
今回のインドミナスレックスは、
倒さなければならない存在でしかないのが魅力的だ!

まさにラスボスの風格!!
人間側の悪役デブ警備員よりも悪役してたし。
あのオリを破って脱走する場面は正直、やられたー!って思ったね。
こいつがいなかったら、パークが地獄絵図になることもなかったし、
シリーズ屈指の名悪役だろう!
しつこさも3のスピノサウルス以上だし。
こんな凄い怪獣が作られた理由が、

「だって、新しい恐竜作らないと客来ないし。」

…みたいなギャグのようなところも笑えて良い。
インド人の社長が科学者に、
「なぜだ、なぜあんなものを造ったぁーーーー!!」
って怒る場面も最高!
「だ、だって…社長が言ったんじゃないですか!?
歯が60本以上有って、姿を消せて、頭が良いスーパー恐竜造れって!」

おいおいww
こんな馬鹿社長の言った事真に受けて怪獣造るなんて、シンプソンズかよww
これぞ本当のカオス理論だww


c0097317_19535194.jpg


とまぁ、
こんな感じの笑える展開も素晴らしかったが、
ラプトルがスターロードくんに対して逃げろ逃げろっていうようなそぶりを見せ、
インドミナスレックスに立ち向かう場面は感動的だ。

ラプトルもスターロードくんの自分たちを思う心意気を感じ取ってくれているのが!

c0097317_19542347.png


そして
何よりも素晴らしかったのは最終決戦の
ティラノサウルスVSインドミナス!!!!
いやぁ、こういうのが観たかったのだよ!!!

アンキロサウルスVSインドミナスも良かったが、
恐竜の王者VS怪獣の構図は鳥肌ものである!!
手に汗握る大迫力の戦闘場面!!
しかもこのティラノサウルスは一作目と同個体の奴ってところも高得点!!
また会えたね、君と初めて会った時私はまだ小学三年生だったんだよ!
…もう涙がぼろぼろ出てくる!22年ぶりの再会だからねぇ!

しかもこの最終決戦で良かったのは
途中でラプトルが加勢に来て、
ティラノサウルスとタッグ組んでインドミナスに戦いを挑むところ!
ラプトルは一作目の個体じゃないけど、
一作目の因縁を超えて共に戦う場面は最高すぎる!!
思い出補正のせいか、今年観た映画の中で最も戦闘に感情移入できた!

まぁ、インドミナスのトドメは映画観る前から容易に想像出来たけどww
さしものインドミナスも水中戦は考慮されていなかったのだろうなぁ。
戦闘後、ラプトルとティラノサウルスが見つめ合っている場面もGOOD!
なんだか二人の心の声が聞こえてきた!!
「おめぇもなかなかやるじゃねぇか!」
「てめぇもな!」

いや~

本当に面白かった!
人間ドラマや、観光客があまり死なないなど欠点もあるが、
見終わった後の爽快感が凄すぎる!
こんなに素晴らしい映画を観られるなんて、長生きはしてみるもんだ!


思い返せば

小学三年生の時にジュラシックパークの一作目を見に行ったわけだが、
あれからもう22年も経ったと考えると…ホント、年を取ったんだなぁ。

あのジュラシックパークの一作目を観たときの感動は一生忘れない。
なにせそれまでコマ撮りの恐竜映画とか観てきたのに、
いきなりあんな凄い恐竜観せられたんだからそりゃビビる!
そういや、どっかのサイトに載っていたのだが、
ジュラシックパークは一作目のCGが一番リアルに見えるって…
私もそう思う。
ある意味オーパーツみたいな映画だったのかもしれない…
なんでだろう…

そういや、一作目の脇役東洋人博士がまた出るとは思わなかったな。。。

なお、

このジュラシックワールドもすでに続編が造られているそうなので、今から楽しみだ!
では、諸君!!
今日はこの辺でお別れだ!!
サラだバー、同志並びに党員諸君!!」






c0097317_1947261.jpg


本作のチョットした疑問。
頭のデカさ的にクロノサウルスに見えるのだが…諸君はどう思うだろうか??

[PR]
# by hiyokemusi | 2015-08-10 19:22 | 総統の映画裁判所 | Comments(8)

ヒトラー関係本、最高の一冊!

c0097317_2355211.jpg







(~∂~)
「今日紹介するのはこの本、
”アドルフヒトラーの青春 ~親友クビツェクの回想と証言 ”だ!
つい最近読み終えたのだが、
凄く良い本だったので我がブログで紹介しておこうと思う。


本書は

ヒトラーの青春時代の唯一の友人であり親友でもある、
アウグスト・クビツェクという人物が書いたものだ。
オペラ劇場でヒトラーと知り合い、
仲良くなってからはヒトラー家にも頻繁に出入りしたりしていたので、
とにかく当時のヒトラー家の事が詳しく描かれている。

それだけではなく、
ヒトラーが学校を中退した後どういう生活を送っていたのかという部分、
筆者しか知らないヒトラーの淡い初恋、ワグナーマニアの部分、
ヒトラーが芸術家から政治家に夢が移り変わっていく様、
妹パウラ・ヒトラーの事、美大受験失敗や、
母親と死別したところも細々書かれている。
つまり若い頃のヒトラーを知る上で、もの凄く役に立つ資料と言える!
これ以上の貴重な資料は他にないだろう。
しかも資料として価値があるだけではなく、
純粋に青春小説としても楽しめ、
分厚い本だがスラスラ楽しく読める点も素晴らしい!


この本を

読んで、色々な本に書かれているヒトラーの若い頃の姿は
かなり悪い部分が誇張されているのが判った。

ヒトラーと言えば悪の代名詞だから仕方ないのかもしれないけど…
しかしこれは親友が書いたものというだけあり、
人間的に良いところ悪いところを含め、ありのままのヒトラーを書いている。
しかもそれと同時に、当時の人々の娯楽や細々した生活風景、
オーストリアハンガリー帝国の抱える社会問題などが描かれているのも面白い。


個人的に、

ウィーンで筆者がヒトラーと一緒に生活する以前から、
彼がすでにユダヤ人や外国人が大嫌いだったというのが一番衝撃だった。

私は、絶対に貧乏が原因で、
ヒトラーがユダヤ人嫌いになったのだろうと思っていたのでこれには驚き。

なぜ彼がユダヤ人を差別するようになったか、
多民族国家オーストリアハンガリー帝国の世相を絡めて推理しているのも
凄いなぁ…って思った

他の本ではユダヤ人を差別するようになった理由を、
祖父が誰だか判らないがために血統コンプレックスに陥ったとか、
ヒトラー家はカトリックだったのでユダヤ嫌いになったとか、
よくわからない感じで書いてあるが、
この本が一番納得いく説明がしてあり、その辺も大満足。

色々な

事が書かれているが、
とりあえずヒトラーがどういう人間だったのかよく理解出来た。
少しでも気に入らない事があると怒りの発作を起こし、
反対意見があると相手を論破し言いくるめ、
自分の思うことばかりを喋りまくる傲慢な人間。

凄く嫌な奴と思いきや、
筆者の母親が川に落ちて溺れると躊躇せずに助けに行ったり、
音楽家になりたい筆者のために頑固親父を説得したり、、
筆者が初めて劇場で演奏した時、まるで自分の事のように喜んでいたことなどなど、
意外に優しく人情味溢れるところにも驚きだ。


とにかく、

親友としてヒトラーの良い面悪い面も平等に描いている点が、凄く良かった。
人間的にヒトラーをよく描いてある本だと、
水木しげるの ”劇画ヒットラー ”以来な感じだ。

私が一番最初に読んだヒトラー関係の本、
ルイス・スナイダーの ”アドルフ・ヒトラー ”なんか、
悪い部分ばかり誇張されてる本だったしね。


まぁ、

人間としてヒトラーや幹部達を描くのは未だにタブー視されているからなぁ。
映画 ”ヒトラー最期の12日間 ”でも、
第三帝国の連中を人間として描くのはどうよ!?
こんな風に描いたら、みんなあんな奴らに同情しちまうだろうが!!
…って言われたぐらいだし。

意外にこういう普通の人でも大犯罪に手を染めてしまうから
みんなも気を付けよう…って教訓があるんだけどね。

ドイツは、第三帝国時代の歴史を徹底的に反省したから、
ヒトラーを犯罪者としたうえで
こういう本や映画を研究資料としてとらえる事が出来るから良いと思うんだけど。
ロシアはスターリンを悪と見なさなかったために、未だに賛美されているし。

とりあえず

ヒトラー関係の本としては、かなり面白いし為になるので、
それ系の創作をする人や興味のある人は読んで見るといい!
個人的には ”ボルマン覚書 ”よりもずっと面白かった!

では、今日はこの辺でお別れだ!
サラだバー、同志並びに党員諸君!!」












[PR]
# by hiyokemusi | 2015-05-01 23:17 | 中央情報局 | Comments(2)

ネオアトラン!figmaガーゴイル、レビュー!!!

c0097317_22215227.jpg

ネオ、アトラン!!

ネオアトラン!!

ネオアトラン!!







(~∂~)
と言うわけで、今週発売したフィグマ、ガーゴイル様のレビューだ!
ナディアのラスボス、ガーゴイルの初アクションフィギュア発売に私は歓喜!
このフィグマの発売をどれほど待っていただろう!

今までガーゴイル様のアクションフィギュアはなかったし…
とにかく、このfigmaガーゴイル様で遊ぶ日が来て、嬉しい限りだ!

というのは…

嘘ww
だまされた人はゴメンナサイwww

出来ればエイプリルフール前にこのガーゴイル様を完成させて、
史上最高の嘘をつこうと考えていたのだが、計画は失敗ww

四月初めに完成させようと思っていたが、完成したのはつい最近の事。
フィギュア改造は初めてやったが、
初めてにしては上手く出来たではないだろうか?
拡大するとけっこうアラがあるけど…
パッと観ればガーゴイル様!


頑張って

ストーリーものにして、
このフィグマガーゴイル様を壮大に紹介しようと思ったが、
オオタチのストーリーを撮って力尽きた…

ストーリーものを撮影すると、本当に時間がかかるし疲れる…
本当なら、オオタチレビューのストーリーの続編で描きたかったが…
誘拐されたエメラナ姫とガーゴイルが会い、
「知りたくはないかね?君が私と何処で会ったのかを。」
「我々ネオアトランティスは人工的に怪獣を造り出す事も出来る。
 つまり我々は万物の創造主、神にすらなれるのだよ。」

…みたいなやりとりをさせたかったのだが。

ちなみに

ガーゴイルの覆面は、
職場の同僚S氏がワンフェス土産で買ってきてくれた
覆面素材を生かして制作!!
ありがとう、S氏!







c0097317_22371958.jpg

c0097317_22372857.jpg







(~∂~)
大体判っていると思うが、このガーゴイルを制作するために、
フィグマのロジャースミスに犠牲になってもらった。

上の画像の通り、
ガーゴイルとロジャースミスの体格、服装がほぼ同じだったので、
コレしかない!!…って思って使用したのだ。

そしたら偶然にも、覆面素材がロジャーの体格とピタリと一致!!
予想以上に良い出来になった!」







■ 制作過程 ■
c0097317_2239338.jpg

↑覆面素材を被せたロジャースミスの胴体。
 このために造られたのか!?と思うほど体型にフィットする。
c0097317_22394242.jpg

c0097317_22395138.jpg

↑覆面素材に色つけ。ちなみにマスク部分は
 紙にそのまんまアニメの画像をコピーして貼り付けた。
c0097317_2240118.jpg

↑フィグマをバラバラにしてパーツごとに塗装。
 ネットで情報を収集しても、フィグマ改造では
 何の塗料使えば良いのか判らなかったので、ここが一番困った。
 数種類試し、フィニッシャーズカラーを使用。
 黒色スーツにキレイに赤色が乗った。

 しかし、関節パーツには色が乗らなかった。
 いや、乗るには乗るんだけど、
 遊んでいると関節パーツの赤色がパキパキ剥がれ落ちてしまった。

c0097317_22403865.jpg

↑手の部分が一番苦労したような…
c0097317_22405097.jpg

↑とりあえず仮完成。
c0097317_2241043.jpg

↑アップ。塗料でピカピカ!
c0097317_2241826.jpg

↑ピカピカが気になったので、つや消しスプレーを吹きかけ
 ピカピカを消してみた。
c0097317_22412068.jpg

↑一気に重厚感が出てきて満足である!







■ 完成 ■
c0097317_2241349.jpg

↑この写真が一番上手く撮れたのでもう一度。
c0097317_22415624.jpg

↑マスクの表情を数種類印刷。
 立体ではないので、横表情は再現出来ないがww
 かなり近づいて撮ると、紙のボソボソが判る…
 淵をマジックとかで塗ってないからねぇ…
c0097317_2242761.jpg

↑ノーマルフェイス。
c0097317_22421547.jpg

↑陰謀フェイス。
c0097317_22422339.jpg

↑「ネオ皇帝陛下、
 我らネオアトランティス復活のためになにとぞお力添えを。」
c0097317_22423480.jpg

↑不機嫌フェイス。
 しかしマスクだけで様々な感情を表現してしまうのは凄い。
 作画した人々に拍手だ。









■ 色々な場面 ■
c0097317_22425022.jpg

↑「スーパーキャッチ光線発射!!」
c0097317_22425987.jpg

↑「まさか主砲の直撃を受けるとは…うかつだった…」
c0097317_22431048.jpg

↑「素晴らしい…世界を再び我々に跪かせる神の光だ…」
c0097317_22431997.jpg

↑とりあえず、後ろにこんな感じでいると良い画になる!
c0097317_2243281.jpg

↑「愚か者め。」
c0097317_22433878.jpg

↑「これで最期だ、ネモくん!」
c0097317_22434793.jpg

↑ネオアトランティスの幹部達ww
c0097317_22435670.jpg

↑ガーゴイルって、いつもこんなポーズのような気がする。
c0097317_2244484.jpg

↑「ところで、たった数人の侵入者により
 基地の破滅を招いたのは誰の責任かね?」






(~∂~)
「という感じだ!
フィグマ商品化希望とかアンケート取っても、
どうせ私の欲しいものが選ばれるわけがないし、

こんな風な形でガーゴイル様のアクションフィギュアが手に入り、嬉しい限りだ。
大好きな悪役の一人だからね。
あのマスクのデザインを考えた人は天才だと思う。
シンプルで高貴なデザイン…素晴らしい!

次はシュバルツバルトにもチャレンジしてみよう!
今度は素材も一から自分で造ってみたりして!

では!

オマケ画像と共に
今日はこれでお別れだ!
サラだバー!!同志並びに党員諸君!!!」








■ オマケ ■
ストーリーもの撮影して力尽きたため、
ガーゴイルレビューで使わなかった画像の数々。
ジャンボットとグレンファイヤーが倒された後、
ガーゴイルの部下にエメラナ姫がさらわれて…
…みたいな感じで撮る予定だった。。。。
手を抜いてすまないね…
ちなみにリンクはミラーナイト人間体。
それにしてもコッテリデブ…
フィグマの姫を持ったまま支えもなく直立出来る立地性に驚く…

c0097317_2249282.jpg

c0097317_22495038.jpg

↑フィグマのリンクはカッコヨクテお気に入り。
c0097317_22495766.jpg

c0097317_2250577.jpg

c0097317_22501962.jpg

c0097317_22503162.jpg

↑我が家ではこの状態で飾ってますww
c0097317_22504040.jpg

↑「助けて!ミラーナイト!!!」











[PR]
# by hiyokemusi | 2015-05-01 23:02 | figmaの部屋:04体 | Comments(2)