ナチってわりぃか!クロエネン!

(`δ´)
「というわけで…
私が現在制作中の漫画、”ナチってわりぃか!”のネームが完成したぞ!
YATTANE!
今月中はペン入れ練習、来月からボチボチ制作にとりかかるとしよう!

冬コミ出店が、楽しみだ!

さて、

私のナチス漫画の話題に関連して、本日紹介するのはこのフィギュア!」





c0097317_4503648.jpg

ジャジャーン♪





(`δ´)
そう!ヘルボーイに登場したクロエネンだ!
しかも、ナチス軍服バージョン!
私はクロエネンの軍服姿に一番魅力を感じたので、これがずっと欲しかったのだ!
そしてついに、中古未開封の品物をGETしたゼ!

カッコイイよね~クロエネン。私はヘルボーイの映画を観てすぐ好きになったよ。
平成ライダーとかに登場しそうな雰囲気、たまらねぇゼ!

映画では…

寡黙な殺し屋、操り人形といったクロエネンだったが、漫画本ではよく喋る!
しかも…一人称は ”ぼく”!
さらに… ”ごめんよ” 、 ”まぁまぁ、彼の言い分も聞こうじゃないか” とか、爽やかな口調!
映画からヘルボーイコミックの世界に入り込んだ私は大いに驚いたものだ。

コミックの中だと、ナチスの幹部連中、このクロエネンを含めて、
みんな人間的にまともだったりするから面白い。

ヘルボーイ…

続編出ないかな。
またデブトロ監督に撮ってもらいたいよね、ヘルボーイ。
ヘルボーイ2のDVD特典映像に、ジンコストーリーが収録されていた。

フラッシュアニメみたいな感じだったけど。

内容は大体こんな感じ。

ジンコという金持ちが、1作目でヘルボーイに倒されたクロエネンの死体を回収。
ネクロノミコンみたいな本を参考にして、蘇生をはかるが、特に何も起きない。
その後、南極のナチス軍施設跡に向かったジンコ一行。
そこには巨大なロボットボディーがあった!、
ロボットの胸部にクロエネンの頭部をセットすると…


”クックック…導師は私をお見捨てにならなかった…!”

クロエネンは喋りだした。
そして、ジンコの後ろには、ラスプーチンの幽霊が…!


うーん!

こいつぁ…続きが観たくなるゼ!
たのむよ、デブトロ監督。また撮ってくれ!
エックスメンも三作出てるし、ヘルボーイももう一作!頑張れデブトロ!
私は応援してるぞ!


では!

本日は撮りためたクロエネンの写真と共にお別れだ!
サラだバー!同志ならびに党員諸君!」





■ クロエネン・フィギュア ■
可動はまぁまぁ…というか、体の関節が私と同じぐらい固いww
なので、リボルテックのような大胆な動きはつけられないが、

軍服の細かな塗装、ちゃんと布で作ってあるコートなど、個人的にはかなり満足な出来。
フィグマやリボと並べたら、このフィギュアの出来の高さに驚いたww

ゆえに、我が家で圧倒的存在感を放つフィギュアとなった!
c0097317_19152716.jpg

↑ 身長対比。リボの社長よりも大きく、リボジャックより身長が高い!で、でけぇ…
c0097317_19163050.jpg

c0097317_19165487.jpg

↑ 前から
c0097317_19171488.jpg

↑ 後ろから
c0097317_19173352.jpg

↑ 顔アップ
c0097317_19175087.jpg

↑ 帽子は着脱可能。
c0097317_19183180.jpg

↑ クロエネン、哀愁の背中。
c0097317_19234842.jpg

↑ ナチスの党員バッチや、勲章、ベルト、鉄十字もよく彩色されており、ビックリだ!
c0097317_451597.jpg

c0097317_19191653.jpg

c0097317_19193743.jpg

c0097317_19195198.jpg

↑ 可動は上の写真が精一杯…
c0097317_19201940.jpg

c0097317_1921983.jpg

↑ 付属する銃パーツは腰のフォルダーに収納出来るので、紛失する心配なし!
c0097317_1922481.jpg

c0097317_19222037.jpg

c0097317_19223392.jpg

c0097317_1922537.jpg

↑ 本編では剣のアクションが目立ったが、ガンアクションの写真映りもカッコイイ!
c0097317_19253212.jpg

↑ キィーーーン!
c0097317_19261453.jpg

↑ クロエネンの人間離れした腕力ではじかれるエド!
c0097317_1927698.jpg

↑ ギラッッ!
c0097317_19273416.jpg

↑ 「兄さあぁーーーーん!!」
c0097317_1928914.jpg

↑ パキュン! パキュン!
c0097317_19284981.jpg

↑ カキイィィーーーーン!
c0097317_19291994.jpg

↑ 「…」
c0097317_19293478.jpg

↑ エド「俺を無視して…ふざけんじゃねぇぞ!」
c0097317_1931650.jpg

↑ ズバッッ!
c0097317_19312880.jpg

↑ カシャァーーーン!
c0097317_19323376.jpg

↑ 「に、兄さん!ア、アレ!!!」
c0097317_19335942.jpg

↑ 「グ、グロっっっ!!!」
c0097317_19342562.jpg

c0097317_19345824.jpg

↑ マスクは着脱可能。 …う、うん、やっぱりマスク付けてた方がカッコイイよww 


                                          
[PR]
by hiyokemusi | 2012-07-18 19:35 | フィギュアと色々展示室:20体 | Comments(6)
Commented by モルビワン at 2012-07-19 22:13 x
可動がやや弱いようですが服を着ているし気にならないレベルではありませんか?しかし素顔がキモいですね~
大柄な男と考えれば1/12スケールとの絡みもOKでしょうう!
Commented by スタスク at 2012-07-19 22:24 x
どうもです!!

これはうらやましい!!自分もコレ欲しいと思っていました!!
クロエネンは良いですよね~。

実写化されたアメコミキャラの中ではかなり上位に来るカッコ良さです。

原作とはまた違うキャラになってはいますが、それが良いんですよね。個人的には映画版でのクールな描かれ方が好きです。

デブトロさん、パート3もやるしクロエネンが復活するとかなり前に断言してましたからやるんじゃないでしょうか?
ヘルボーイ役のロン・パールマンも乗り気らしいし、先日難病の子供がヘルボーイに会いたいという頼みを、パールマンが聞いてくれて、映画のメイクとコスチュームでその少年に会いに行ったという感動話もありましたし。パート3は確実にあると思います。

話はそれますが、デッドプールさん。
8月8日発売のOVA「ウルヴァリンVSハルク」で登場するので、是非チェックしてください!
Commented by hiyokemusi at 2012-07-20 05:06
(`δ´)
「モルビワンさん、いらっしゃいませー!
ある程度可動するのですが…関節が硬くて動かしにくいのが難点ですね~
グロイ素顔もよく出来ていますが、やはりマスク付けてた方が好きです。
確かにデカイですが、きょくたんではないので、悪役として活用出来そうです!」
Commented by hiyokemusi at 2012-07-20 05:22
(`δ´)
「スタスクさん、いらっしゃいませー!
クロエネンはずっと欲しかったのですが、特にこの軍服バージョンが欲しくて欲しくてたまりませんでした!

映画版の無感情でクールなクロエネンはカッコイイですよね。原作は他のナチス幹部達と違い、一人だけ見かけにインパクトがあるものの、普通な性格すぎて驚きました。

デブトロ、パート3やるのですか!?だとしたら、今から楽しみですね~ロン・パールマンのインタビューは以前見たのですが、ヘルボーイ3にかなり乗り気なようで嬉しいです。難病の子供のエピソード、泣けますね。パート3が劇場公開され、DVDが発売したら、その様子をぜひとも特典で付けて欲しいです。

デッドプール、全然知らないキャラですが、マーブルVSカプコンで使っているうちに、面白いキャラだなぁ~って思いました。それで、ウルヴァリンの映画に出てきたデッドプールをチェックしてみたのですが…マブカプ登場のデッドプールと全然違うキャラでガッカリしましたね。OVA、チェックしてみます!出番が多いと嬉しいんですが…」
Commented by RB-79 at 2012-07-23 09:27 x
おお・・・この防毒マスク然としたゴーグルはクロスボーン・バンガードに於いて最初に採用されたMS「デナン・ゾン」を思わせますね(ちなみに自分は、クロスボーン・バンガードの中でデナン・ゾンが一番好き)。

ちなみにデナン・ゾンとデナン・ゲーについてはプラキットで発売されていますが、自分としてはROBOT魂のものが可動範囲とディティールは良好なのでそちらを選びました。

しかし何と言うか、こう・・・「理解を超えた恐怖を掻き立てる存在」は、現代の敵役には不足がちなのが残念な所です(哀)
Commented by hiyokemusi at 2012-07-24 06:32
(`δ´)
「RB-79さん、いらっしゃいませー!
デナンゾンもマスクを付けたドイツ兵がモデルでしょうね。頭部の形はもろドイツ軍のヘルメットだし。ガンダムF91は、MSによる市街戦の恐ろしさがよく出ていて好きな作品です。鉄仮面大好き。

クロエネンは「理解を超えた恐怖を掻き立てる存在」なので、映画版を見てみることをオススメします。そういう奴が好きなら、伊藤潤二の漫画本もオススメです。」
<< 色々と忙しい今日この頃… figma巨神兵、降臨! >>