史上最悪!交響詩篇エウレカセブン_ポケットが虹でいっぱい

\`δ´/
「…
今夜は更新するつもりではなかったのだが…
エウレカセブンの映画を観て、怒り沸騰!
このあまりにも面白くないエウレカの映画の感想を書かずにはいられなかった!

つまり…このアニメ、ひどすぎる!
たいていの場合、アニメだと、ある程度は楽しめるはずなのだが、
この映画、
「交響詩篇エウレカセブン_ポケットが虹でいっぱい」ともなると話は別だ。。。。
ポケットが虹でいっぱいかもしれないが、
私の心は不満と怒りがいっぱいになった。

私はかつて、
押井守のナンセンス(イノセンス)を観にいき、死にかけたことがあったが、
今回のエウレカも、それに負けず劣らずの最悪な作品だ!
そしてこれの映画は観ていると
シナリオの恥ずかしさと、素人くささにがっかりさせられる。
中学生が風情ある物語を書こうとして失敗した…みたいな?
例えば、
「俺が参加した計画は失敗したが、私たちがこれから行う作戦は必ず成功する!」
…俺?私たち?
俺と自称する人間が、私たちなんて言葉使うか?俺たちならわかるが…
といった感じで、眠くなる上、このような素敵なセリフがたくさん出てくる!
他に印象に残ったのは、
「こんなもの!軍から受けた実験に比べれば、どうってことないわ!!!」
…説明くさいセリフですね~
私に聞いてほしいんですか?ど、どんな実験受けたの??って…
と、まぁ
この作品、こういうシナリオの駄目さに加え、
TV盤エウレカのストーリーが全く関係ない、
つまり登場キャラだけが同じで、設定も全て変えられている多元宇宙アニメだった!
劇場に観にいったファンは後悔したことだろう…
何せ、エウレカとレントンは出るのに、全く別のアニメなのだ。
c0097317_0133464.jpg

「これが奴の手だ。エウレカのキャラの別アニメを作り、
それを見せることで我々に絶対的絶望を与えようとしている!」
c0097317_09142.jpg

「アンソロジーコミックは認識された時存在する。
劇場に足を運ぶというのは、自らアンソロジーコミックにハマるということなのだよ。」
c0097317_011241.jpg

「だ、だまされた!」
c0097317_1313141.jpg

「観に行かなくてよかったな!」
「ホントだ!ハハハッッ!」




と、こんな感じだろう。
レントンやエウレカと一緒に冒険してきた私を裏切るような映画であった!!
この映画の前には存在など骨董も同じ。
賢くあろうが、愚かしくあるも同じ。
レントンと冒険してきた日々は無駄であった。。。チーン
大体、こんな企画が通ること自体、間違っている!!
普通なら、こういうエピソードもありました~的な映画にするだろうが!

登場キャラが同じなのに、
設定も何もかも変えられてる全く別な作品なんて観た事ないぞ!!
同じこと、ルパン三世でやってみろよ!?バカ!

反政府軍のMSパイロットのルパン、飛行機の天才操縦士ジゲン、
政府軍将軍ゴエモン、赤軍の革命の戦士フジコ、
預言者であり魔術で人を洗脳するゼニガタ…
こんなルパン絶対ヤダね。。。
というか、
私のレントンとの冒険の日々を返せ!!!!!





このエウレカ、映画館に足を運んだ人がかわいそうだ。
エウレカのおっぱい観れたからいい…と、自分に言い聞かせるしかない!
さて!
この映画がどれだけひどいのか…
デートでこの映画を観に行った、
あるカップルの出来事を紹介しよう!」
c0097317_0253022.jpg

「エウレカ!一緒にポケットが虹でいっぱいを観に行こう!」
c0097317_0264151.jpg

「レントーン!!!」
c0097317_0271734.jpg

「面白くねええぇぇぇぇー!!」
c0097317_028139.jpg

「はぁはぁ…」
あまりのつまらなさに一度、トイレに行くレントン。
c0097317_0294127.jpg

「これ、ひどいアニメだね。」
「…うん。早く終わらないかな…」

c0097317_0302956.jpg

「あの…静かにしてくれませんか?」
映画を観に来た客に注意されるレントンとエウレカ。
c0097317_032882.jpg

「あー!ほんとにつまらない映画だな~…」
退屈しのぎに、何気なくまわりを見渡すレントン。

c0097317_0335492.jpg

「ZZZZZZ…… 」
c0097317_0342660.jpg

「ぐーぐー……」
c0097317_035978.jpg

「スースー…スヤスヤ…」
c0097317_0355068.jpg

「うわあああ…!
エウレカ、寝ちゃってるし…!!誘った俺の立場が…」

c0097317_0371596.jpg

「あの…お願いだから静かにしてくれません???」
またまた客に注意されるレントン。
c0097317_03877.jpg

「ごめんね。エウレカ。こんなつまらない映画に誘っちゃって…」
「…いいよ。映画が面白くないのは、レントンのせいじゃないから…」

c0097317_040879.jpg

「…今日はもう帰ろう…」
c0097317_0405341.jpg

気まずい雰囲気な二人…
映画館を出ると外は晴れていたが、
レントンとエウレカの心は沈んでいた…






\`δ´/
「という感じだ。
これでどれだけ面白くない映画なのか、よくわかったろう!
この映画はまともに観ていても、作品の理解に苦しむ!
なぜ普通にエウレカの映画を作らなかったのだろうか…
まずはそこをハッキリさせてほしい!!
もうひとつのレントンとエウレカの物語はいいから、
いつもの、俺の知ってるレントンとエウレカの映画作ってくれ!

ってか、この作品作った監督は、
青酸カリ飲んで、自決して責任取れ!

物語はひどいの一言に尽きるが、
ひどいだけあって、結末も凄い!
観ればわかるが、
連載を打ち切られたジャンプの漫画的な終わり方!
敵のホランド兄貴があっさり改心して戦い終わって…な感じ。
脚本書いた人、本当に義務教育うけたのかね?
バカデミー脚本賞を青酸カリのカプセルと共に、私が監督に送ろう!



という感じだ!
さて!
ではこの映画を観た後の後遺症に苦しむ人の姿と共に
今夜はお別れだ!
さらばだ!
同志ならびに党員諸君!」







                  ■ KOT症候群 ■

これは”交響詩篇エウレカセブン_ポケットが虹でいっぱい”の後遺症の典型的な例である。
この映画を観る人は、覚悟を決めてほしい。このような後遺症が諸君に現れないとも限らない。


c0097317_0581929.jpg
■ 症例1 自殺 ■
レントンに助けられる資格なんて…ないもん!
と、被害妄想なことをいい、飛び降りてしまう。












c0097317_105358.jpg
■ 症例2 謎のシミ ■
緑色のグミみたいなシミが体中に広がる。














c0097317_121928.jpg
■ 症例3 辞表 ■
この映画を観て、会社に突然辞表を出した。
患者はこの後、戦艦に乗って冒険に出てしまう。












c0097317_142970.jpg
■ 症例4 レイプ ■
この映画を観て吹っ切れたオタクが、女を襲う。













c0097317_162692.jpg
■ 症例5 あうれか ■
「あうあう」としか話せなくなった。
言語障害の一種で、かなり病状が悪化している様子。












c0097317_181668.jpg
■ 症例6 うなされる ■
この映画を観た後、一生、寝るたびにこの映画の悪夢にうなされることになる。












c0097317_110162.jpg
■ 症例7 14歳 ■
この映画を観たおじさんが、自分は14歳だと言い張る。
何とか言語能力は回復したが、完治するにはまだまだ時間がかかる。













■以上がこの映画の後遺症である。■
 このような症状が現れた場合、
 TV版エウレカを最初から最後まで見て、リハビリを行うのが良い。

[PR]
by hiyokemusi | 2009-11-16 01:14 | 総統の映画裁判所 | Comments(6)
Commented by もんち~ at 2009-11-16 15:46 x
いやぁ~TV版のエウレカすら見ていない自分が言うのも何だが
シモンと兄貴に同意せざるを得ないw
キャラだけでストーリーがTVと縁もゆかりも無いとあっては
ファンはガッカリパンダすぎるだろう・・・orz
もしグレンラガンで「ポケットがドリルでいっぱい」
なんて物が公開されたら、自分は間違いなく症例1になるねw
きっとアンチスパイラルが進化の可能性を封印したのは
この映画を見てしまったからなのだろうww
Commented by hiyokemusi at 2009-11-16 22:15
\`δ´/
「エウレカの進化の果てが、この映画だと知った我々は
この隔絶宇宙に我が身を封じ込めたのだ!

このアニメは本当に黒歴史!!
つまり、グレンラガンの学園編を映画化したようなものだろう。。。
私は症例6かな?
こんなアニメの企画が通ること自体、どうかしているんだけどな。
グレンラガンについては元帥と同じ意見だwww」
Commented by at 2013-03-20 16:41 x
今見終わったけど本当に見ない方がよかったわぁ・・・

自殺しそう
Commented by hiyokemusi at 2013-03-20 18:28
\`δ´/
「ほんと、なんでこんな事になってしまったのか…かなしいですね。」
Commented by 通りすがりの高校生 at 2014-12-30 16:47 x
もう知ってるとは思いますが、エウレカ好きとして一言。

wikiによると、

企画当初は、テレビシリーズ1話から48話の総集編、及び充分にエピローグを描けなかった49話・50話を再編集と新作カットで補完した2本立てにする案だったが、2本では劇場の回転数が減るという理由で却下されている。その後、映画は1本という方向で進んだが、制作現場の関係者との交流をもとに京田が作った新たなストーリー案が却下され、京田自身は「これは無いな」と思ったアイデアが実際に採用された。当時のインタビューでもたびたび語ったという説明は全く伝わらず、結果「テレビシリーズを再編集しながらも、総集編ではない劇場用アニメの制作に挑戦したい」というような内容で掲載された。

ってなってます(。-ω-。)
Commented by hiyokemusi at 2014-12-31 21:40
(~∂~)
通りすがりの高校生さん、
勘違いしないで欲しいのは、私はエウレカアンチではなく、エウレカ映画アンチです。
テレビエウレカは面白くて好きですね、最終話とか終盤の方はあまり好きじゃないですが。
そういう秘話があるんですね、勉強になりました。けれど個人的に完全オリジナル長編のエウレカが見たかったですねぇ…
<< 兵器研究所開設!本日の兵器は永... 紹介怪獣100体天元突破!今日... >>